Bangkok Thailand 2 タイ、バンコク2

とりあえず、今回の旅はリラックスが一番の目的なので、慌てる事無く、無理に移動もせずに街ブラがメインとなりました。色々なとこに行きたくなる気持ちは有るのですが結果的に疲れてしまうのでその国でのローカルの過ごし方をまねてみると気持ちいい物です。

The top priority of this travel was “relaxation” for us. We decided to not try to go many places but try local life style. Of course street food is one of the best way to feel local.

DSC_7546ことあるごとにご飯を食べます。タイの一食は量が少ないので一日に5食くらい食べれます。

Street food stands are very clean and delicious in Thailand. A bowl of Tom Yam noodle soup is usually about $1.50-.

そしてまた裏道を歩いては何か見つけて食べます(飲みます)。不思議な果物が沢山あります。

Keep eating on the street. We have found many beautiful but unknown fruits snacks. Just keep trying!

とにかく多種多様な物が道ばたで売られているので数ブロック歩くだけでも色々な物が見つかります。写真はサトウキビジュース屋さん、道ばたで焼かれていた魚、そしてタイアイスティーを買ってる嫁。

1st pic: sugar cane juice guy. 2nd: Grilling fishes on the street. 3rd: Thai ice tea stand.

DSC_7790そしておなじみタイマッサージです。都会のオアシスで至福のひとときです。

And then of course Thai massage.

DSC_7518夜になったら船でチャオプラヤーリバーを下って別のマーケットへと向かいます。

Heading to another night market which the other side of river.

DSC_7529そしてまた屋台で食事。写真は地元の方。

Eating food again. Endless.

DSC_7496

最低限の遺跡巡りはしましたが、タイは飯とマッサージが最高なのでゆっくりとしたスケジュールで行かれる事をオススメします。

PS:以下の写真は日本のダメリーマンをターゲットにしたお店です。夜になるとダメリーマン達がニヤニヤした顔つきでこのストリートを徘徊してます。

DSC_7861

 

Bangkok, Thailand  バンコク、タイ

今年は年末にかけて久しぶりに日本で正月を迎える事になりました。私の実家のある福岡は九州なのに雪が降る始末で、カリフォルニアでナマリまくった私の身体には少々キツいのでタイに一週間ほど逃避する事にしました。タイに行くのは実に15年振りくらいなので凄く楽しみでした。

タイに関する旅行情報は山ほどネット上にあるので、ここでは私達のスタイルを押して参ります。まずは福岡からベトナム経由でタイのスワンナプーム空港へ。

まず、ここでの入国が大変です。とにかく列に並ぶなんてルールも無視でぐちゃぐちゃの無法地帯です。入国のスタンプを貰うまで実に一時間半かかりました。一月の第二週にタイに行ったのですが気温は27℃ほどで、日本から来た我々には非常に気持ちよく感じました。

DSC_7439ホテルに荷物を置いてすぐに晩ご飯の散策です。タイはとにかくストリートフードが美味いです。どこの屋台も正直言って日本の屋台より清潔です。というのも、屋台なのに水道を使っているからです。屋台がある地区には道ばたに水道の蛇口が有るようで、どこの店も食べ終わった食器を綺麗に洗浄してました。私は旅好きなのにお腹が強く無いという決定的な弱点を持っているのですが、タイの屋台は大丈夫なのです。

DSC_7754ということで、早速今晩は近くの屋台で変り種ヌードルスープと臓物のスープを頂きました。ヌードルスープはトムヤムに近いスープでとても美味しかったです。私には臓物のスープは流石に少々ハイレベルでした、が嫁はペロっと完食してました。それぞれお値段は40バーツです。(当時日本円レート100円=約29バーツ)今時、二人分の晩飯が300円以下で済む事に心から感謝です。

腹一杯になったので旅の疲れを癒すため初日はすぐにホテルに帰って寝ました。(ちなみに宿泊はシーロム地区です。シーロムやサイアム地区には屋台が多数ありますので食事に困りません。)

二日目はバンコクの定番コースのワット・プラケーオと王宮の散策です。私は嫁は初のタイですので一応この辺は見せておきたかったので昼頃からゆらりと向かいました。

DSC_7451適当なバスを見つけて近くまで行くか尋ねてみて「オッケー!」と言うなんだか良く分からない回答をもらってタラタラと向かいました。

タイでは予想以上に英語が通じませんのでご注意下さい。英語が話せる方もいますがかなりナマリがキツいです。

運転手の娘さんらしき女の子は運転席の横で気持ち良さそうに寝てました。

以下、バスの車窓から働くバイクです。

 

カーペットを運ぶバイク

DSC_7461

仲良く二人乗りの三輪バイク

DSC_7458

ほうき屋さん

DSC_7467

と、まあ皆さん色々とカスタムされててカッコいいです。バイク一台でお店が成り立っている感じもいいですね。

と、ナイスなバイクを写真に納めていたら近くに座っていたおばちゃんが「ワット・プラケーオ、ヒアー!」と言ってきたのでそこで下車。「あれーどこかなー?」と探していたのですが、どうも様子がおかしいので携帯の地図で見てみるとまだ大分離れた所でした。「多分、あのバスのルート上で一番近いのがここだったんだよ!」と嫁。なので、仕方なしにそこからトゥクトゥクを拾って行きました。後半に続く。

写真はタイの電柱の電線。

DSC_7446