Namibia #1 ナミビア No.1

ザンビアのリビングストンを後にして、予定通り長距離バスでナミビアの首都ウインドホークへと向かうことになりました。(ジンバブエはほぼ素通りしてしまいました。)

この移動の長距離バスが悪名高いことで有名です。16時間という長い移動に加えて初めの3時間くらいはもう揺れまくりで大変です。まるでモトクロスのコースでも走ってるのかっていう程揺れます。その揺れに加えて隣に座っていた巨漢のオバハンが魚の丸揚げを鷲掴みで食べ始めたので、その油の匂いも加わり危うく吐きそうになりました。

無事にウインドホークに着いてからすぐにレンタカーの手配をして翌日からナミビアのロードトリップに行ける様、準備を整えました。

というのも、ナミビアの旅ではテント泊が必須ですので寝袋、毛布、テント、クッキング用品等の準備が必要になって来ます。とりあえず準備をしていなかった我々はほとんど全ての物をウインドホークにあるチャイナタウンで済ませました。

今は6月ですが南半球にあるナミビアでは秋になりますのでテント泊の夜はかなり冷え込みます。よって毛布は必須です。私は最高級の毛布をチャイナタウンで購入したおかげで後に気持ちよく睡眠ができました。

と言うことで早速出発です。

DSC_9841

ナミビアの道は大変綺麗です。交通量も少なく、楽にロードトリップができます。道の途中、写真の様な屋根付きの休憩スポットがあるので昼食タイムです。

ガールズは頻繁に休憩が必要な様でして、なかなか思い通りに旅路が進みません。もちろん運転は私のみです。というのも複数運転者がいるとレンタカーの保険料が高くなってしまいます。(本当は彼女達に運転を任せるのはちょっと不安なので、、。)

予定では3人の旅だったのですが「もう一人乗れるから」とキーラが言い出して旅の仲間を集めて、気が付いたら4人になってました(しかももう一人は大柄のイスラエル人男性)。よって僕が予約した小型の4WDではご覧の通り荷物が乗り切らず車の屋根に縛り付ける始末です。トホホ、、、。

まず我々が目指したのがエトーシャナショナルパークです。自分の車で自由にサファリができるこの公園には様々な動物が生息しています。

DSC_9843

 

この公園の入り口の手前にいた木彫りの鳥を作って売っているお兄さん達です。あまりに素敵だったので一つ購入させていただきました。

 

公園のゲートが開いてるのは日の出から日没までです。それから公園のキャンプサイトは人気が高いので予約は必須です。我々は予約していなかったのでキャンセル待ちでどうにかステイできる様になってラッキーでしたが予約しているに越した事はありませんよね。

この国立公園は非常に整備されていて自然の動物にストレスを与えない様に観察できる設備が設けられてます。キャンプサイトの近くには動物の為の水飲み場があって夜な夜な色々な動物が水場へと訪れて来ます。

テントをはって寝床を準備したら早速動物観察に出発です。

まず水場にやって来たのはキリンの親子です。

DSC_9890

 

その後はゾウ。

DSC_9863

 

でもってサイ!

DSC_9906

次々と動物が水を飲みに来ます。

こんな素敵な光景を間近で見ることができてもう最高です。私は動物の写真はあまり撮った事がないので下手ですいません。

DSC_9882

 

キャンプサイトでの星空です。三脚がないので直置きでとりました。アフリカの星空は広大です。

DSC_9902

 

翌朝の日の出。キャンプサイトにて。

DSC_9946

 

公園内の運転はにが昇っている間のみ認められています。夜間は動物が活発になるので事故が多発する為に公園内の運転は禁止されているとのことでした。みなさん朝早くからサファリの準備をしています。我々も朝食を済ませて出発です。

キャンプサイトを後にしてすぐにインパラの群が横断です。もちろん動物優先です。

DSC_9975

 

次はキリンが横断です。

DSC_9982

気を遣ってくれたのか急ぎ足で横断して行ってくれました。

ふと横を見ると、

DSC_9995

すぐそこに居るのに全然気が付きませんでした。

また暫く走るとゼブラさん一家。

DSC_9964

続いて、ホロホロ鳥の一族。

DSC_9992

他にも沢山の動物を見ることができました。シカ類(オリックス、ワイルドビーストなど)は山程見る事ができましたが残念ながらライオンなどの猛獣には出会えませんでした。見れた方はラッキーですね!僕は大満足でした!

途中、キーラが「運転させて!」というのでちょっとだけ交代してさせたところ、そのワイルドさに皆、酔い始めたのですぐに私に交代しました。

次は少数民族の村に向かいます!

 

 

 

 

Canyonlands National Park キャニオンランズ ナショナルパーク

Quiet place. No many tourists. Most of people go to Arches National Park but they may pass Canyonlands. Great place to have quiet wild night with your family.

近くにアーチーズナショナルパークがあるせいか、全然観光客がいないキャニオンランズナショナルパーク。ナショナルパークらしからぬ静かなキャンプが出来る場所でした。

dsc_4251

Red wood National Park レッドウッドナショナルパーク

Beautiful rain forest. Great for hiking but not camping.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レッドウッドナショナルパークはカリフォルニア州にありながらまるでオレゴンやワシントンの様なレインフォレストです。生い茂るシダ植物はまるで私達をジュラ紀にでもタイムスリップさせた感覚に陥れます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

基本的に雨が多い地区ですのでキャンプはオススメしません。私達も一日滞在して先に進む予定で訪れたのですが、友達の車を借りて来た為に思わぬトラブルが。。

2014年の年末休みを利用して友達のToyotaトラックを借りてドライブに来ました。ひと通り公園内を散策して、ショートトレッキングも楽しんだ後、「じゃ先に進もう!」と車に乗ったらエンジンから「ギャギャがヤギャ!!??」と凄い音がしてそのままスタック。

この音はヤバい、、、。乗り物好きの直感としてかなりのトラブルが生じた事を感じました。

当然、携帯は圏外。道ばたで手を振り振りしてパークレンジャーにお願いして公衆電話まで連れて行ってもらいAAA(アメリカ版JAF)に電話、ピックアップに行くのに最低でも4時間以上かかるとの事。いやー参った。

見かねたパークレンジャーが「俺、チェーンソー用のオイル持ってるから入れてみる?」と変なリクエストを頂き、まーどうせ暇だし、と思いトラックにチェーンソー用のオイルを投入!!

「あれ?」ここで私とパークレンジャーが同じタイミングである事に気付きました。オイルをどれだけ足してもオイルレベルゲージにオイルが付かない!ということはオイルはほぼカラッポだったと言う事です。エンジンの下を見てもリークは見当たらない。持っているオイル1L以上全部入れても全然ダメ! ガビーーン!オイル空っぽに近い状態で6時間以上走ってたんだー!

日も暮れて寒くなってきて、彼女が「今日は車内泊だね!」と楽しそうに言う。ボーゼンとしている私をいつも励ましてくれる優しい彼女です。エンジン掛からないという事は暖房はない。しかも外は雨で気温は0℃付近、とどめに今日は大晦日。こういうときの日本女性はたくましい。

極寒の車内でボーっとしていたら真っ暗闇から光が。やったー来たー!5時間以上待ってようやくレスキューが到着。

今日はとりあえず最寄りの村まで送ってやるとの事。最寄りの村にはレストラン1軒とモーテル1軒のみで車の修理屋はない。今夜は仕方なくそのモーテルに泊まって翌日の朝、再度迎えに来るから1時間かけて修理屋がある町まで連れていってくれるらしい。

img_0066

送ってもらっている車内で「いやーすまなかったな予定より遅くなって。前の客が女性だったんだけど車が止まってパニックになったらしく泣きまくってたんだよ。」とのこと。いかにもアメリカ人女性らしいリアクションである。「日本人女性は笑ってるぞ!」とは思っても口にはせず無事にモーテル到着。

「レストランまだ空いてるから晩飯を食った方が良いぞ!」とのアドバイスでレストランに行くと、何のこっちゃない、モーテルとレストランの共同経営じゃん!繋がった建物で同じ人がやってるだけ。それでも暖がとれるだけありがたい。

暖かーいスープを飲みながら彼女と「この大晦日は一生忘れんばい」と言いながら年越しを迎えました。

翌日、年は明けて2015年元日。さー修理屋を探すぞー!と言っても今日は1月1日。開けてる店なんかないでしょ。すると彼女が「片っ端から電話するぞー!!」といっておもむろに携帯でサーチして電話開始。すると1件目でいきなり相手が回答!?以下、会話内容です。

車屋「はい、もしもし?」

彼女「もしもし!開いてるの今日??」

車屋「いや、開いて無いん、、、、」

彼女「お願い!!助けて!!旅の途中で止まったの。10分であなたのお店にいくから!」

車屋「、、、オッケー。見てみるだけね。」

と、まあかなり荒っぽい寄り切りで彼女の勝ち。

言った通りすぐにその店に向かう。気の良さそうな白人のおっちゃんが一人待ってました。

彼女がすぐに「ありがとう!!あなたのおかげで2015年は最高のスタートよ!!」。おっちゃんは嬉しそうに「お店にファックスが届く予定だったからそれをピックアップに来たら君からの電話を出てしまったんだよ!」と。なんとまあ強い運の引きです事。

事前の電話で私がエンジンの型式などのインフォメーションを渡しておいたからおっちゃんも気を利かせて「Toyotaに強いメカニック呼んだからもうすぐ来るよ」。ナイスおっちゃん。それから私達はコーヒーを飲みにウロウロしたあと「原因が分かった」と電話をもらって再度、修理屋へ。

おっちゃん「カムチェーンが切れてるしカムギアも歯が欠けてるよ、エンジン内のオイル、ほとんど入ってなかったよ。どうしたのこの車?」。

私「いやー、友達の車なんだよねー」

おっちゃん「だろうね、君はエンジンに詳しいから、車の事を知らない人がオーナーだろうと思って。」

私「おっしゃる通り」

エンジンを開けないと修理できないからもう1日かかるとの事で今度はこの町に1泊する事になりました。ちなみに今日は元日です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAちなみにこの町の名前はユーリカ。北カリフォルニアにある小さな町です。グロッサリーストアに行ったり海辺に行ったりして時間をつぶして翌日無事に修理完了。結構な修理代金を払ってすぐに家路につきました。車を友達に借りる時は皆さんも注意して下さい。

 

 

Mt.Rainier National Park

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOne of the most beautiful mountain in west coast. This was 2nd time to visit Mt.Rainer for us. We had a back ground camping at 1st time visiting in 2012 and we had a very scary experience. It was super cold and many animal visitors came to our tent all through the night. We couldn’t sleep very well. So we only stayed 2 hours in Mt.Rainier this time.