Ethiopia #3 エチオピア No.3

民族巡りの拠点の街、トゥルミでしばし休息をしてから僕が次に目指したのはオモラテ。オモラテはケニアとの国境近くにある最も貧しい民族集落の一つだそうです。実際にここまで訪れる旅行者はまれだそうです。

私のエチオピアNo.1の地図を見て頂いたらわかると思いますが、地図上の民族巡りでも端っこにあります。

意外にもオモラテまでの道は非常に綺麗です。聞くところによるとケニアからの荷物を乗せたトラックが走るので整備されているとのこと。実際に私がオモラテを目指して走っている間、すれ違う車両はほぼトラックでした。

ただし、ケニアからの荷物には違法なものも多くある為、検問もあります。ここは必ずパスポートをチェックされますのでお忘れなく。

 

DSC_8848

2時間ほど綺麗な舗装道路を走ったのちにオモラテに到着です。ここがオモラテ族の集落です。

 

DSC_8841

ここでもやはり子供達が最初に出迎えてくれました。

 

DSC_8837

DSC_8838

聞くところによると、オモラテ族はエチオピアの中でも金銭的には特に貧しいとのことです。でも子供達の表情からはそんな事実は一切読み取れません。多分、精神的に豊かな民族何でしょう。

 

DSC_8819

素敵な髪飾りをした男性。皆、快く写真を撮らせてくれます。顔が険しいのは日差しが眩しいせいです。しかしこの男性のシャツ、、気になります。ドネード・トラップ?

 

DSC_8833

家の作りは非常に簡素です。木の骨組みに動物の皮を被せて、その上からトタンを被せただけです。数年前まではトタンもなく、レザーの家だったらしいのですが、雨季になるとレザーが乾かないのでトタンを被せるようになったとのことです。

 

DSC_8804

民族の女性は綺麗な方が多いですね。まさにナチュラルビューティーです。

 

DSC_8810

この村は他の民族の村と違い昼間にも関わらず多くの男性が村に居ました。

多くの男性は先ほどのおじさん同様にオシャレな髪型をしてます。

 

DSC_8817

先ほどのおじさんが再度登場したのでサイドショットです。凄く手の込んだ髪型ですよね。

 

DSC_8796

その横で散髪中の男の子。

 

DSC_8859 (1)

こちらがエチオピアの主食、インジェラの元になるテフとの事です。トウモロコシに似てますね。集落の近くで作られてました。

 

DSC_8880

村を見せて頂いた後は、船で反対側まで送り届けて頂きました。ちなみに村の皆さんはこの川の水を直接飲んでらっしゃいました。僕にも勧めて頂きましたが丁重にお断りさせて頂きました。

 

DSC_8897

しかし、細い船でした。

オモラテ族は非常に穏やかで素敵な民族でした。他の民族の様に煌びやかな装飾などはしておりませんがその分観光客も少なく、リアル・エチオピアを見せて頂けた気がします。

Ethiopia #2 エチオピアNo.2

次に私達が目指したのがカラ族の村、名前はゴルチョ村です。

We started to heading to Gorcho village after Trumi village.

Gorcho village is the place where Kara tribe live. They are known as beautiful costume and making up.

DSC_8599

DSC_8716

 

村に向かっている最中に所々にあった蟻塚。巨大なものだと10m位の高さになります。シロアリの巣です。

Huge nest of ants. Big one have 10m hight.

 

 

 

毎度お馴染みの道無き道を進んだ後、村に到着したと同時に大量のヤギがお出迎えです。

We have drove rough road as always. Many goats are welcoming us.

DSC_8711

 

小高い丘の上にあるこの村を見渡せる断崖絶壁に立っている青年。彼以外の成年男性は皆、家畜の餌やりに出かけていて村にはいませんでした。

He was the only adult man in this village at the time when we visited. All guys gone for feeding animals. This guy was standing on top of the hill with a gun.

DSC_8707

 

どこの村を訪れてもまずにお出迎えに来てくれるのは子供達です。

全身のこの化粧、そして自信に溢れるこの表情、都会の子供達にはなかなか見られない威風堂々とした出立ですよね。

Always kinds welcome me wherever I visit in Ethiopia.

DSC_8630

 

女の子達は皆、首飾りと花飾りでメイクアップしてます。化粧のスタイルが男の子と違って柔らかいですね。顎の花は口の下に開いた穴に刺しています。

Girls were make up with flowers and necklaces.

DSC_8681

 

そして、いよいよ真打ちマダム達の登場です。

やはり迫力が違います。赤ちゃんが母乳を飲んでるのにこの鋭い目つき、恐れ入ります。

Adult Ladies of dignity. Please look at their majestic presence.

DSC_8627

 

こちらはお年頃の女性陣。やはり万国共通でファッションも化粧も抜かりありません。

Teen girls are same as other countries. They love fashion!

DSC_8672

 

左の女性の衣装の下を良く見て見るとプルタブを毛皮の淵にあしらっています。揺れると「シャン、シャン!」と軽快なリズムを奏でていました。

One of the girl costume have many pull-tubs at the bottom. It made nice sound when she start walking.

DSC_8673

 

首に付けているネックレスの量。ネックレスが今彼女達のブームなのかもしれません。

彼女達の衣装に使われている貝殻は隣国ケニアから運ばれてきた物だそうです。この村は山奥ですので当然海は近くにありません。

They are using imported shells for their costumes. Shell are from Kenya.

DSC_8674

 

飾りを作っている最中の子もいました。カミソリを使って丁寧に形を整えていました。

I saw one lady was carefully making her jewelry with razor. All jewelry are hand made in here. What a lovely hobby!

DSC_8664

一通り村の方々に写真撮影に協力してもらった後、村の中を散歩させてもらいました。

多くの家は茅葺き屋根の簡素な形でガス、水道、電気は当然ありません。村のサイズも非常に小さくてこの日、この村を訪れた来客は私達だけのとことでした。観光化されていない数少ない貴重な土着民族の生活環境に触れさせてもらえました。

This village haven’t modernized yet. There is no gas, electric & water. Ethiopia have many this kind of “wild” people and villages. To me they looks happy with it and having less stress then people who live in city.  They don’t need to think abut payment, tax, cell-phone & company.

DSC_8698

 

カラ族、エチオピアの山奥でひっそりと生活している素敵な方々でした。

Beautiful tribe “Kara”.

DSC_8619

 

 

Bangkok, Thailand  バンコク、タイ

今年は年末にかけて久しぶりに日本で正月を迎える事になりました。私の実家のある福岡は九州なのに雪が降る始末で、カリフォルニアでナマリまくった私の身体には少々キツいのでタイに一週間ほど逃避する事にしました。タイに行くのは実に15年振りくらいなので凄く楽しみでした。

タイに関する旅行情報は山ほどネット上にあるので、ここでは私達のスタイルを押して参ります。まずは福岡からベトナム経由でタイのスワンナプーム空港へ。

まず、ここでの入国が大変です。とにかく列に並ぶなんてルールも無視でぐちゃぐちゃの無法地帯です。入国のスタンプを貰うまで実に一時間半かかりました。一月の第二週にタイに行ったのですが気温は27℃ほどで、日本から来た我々には非常に気持ちよく感じました。

DSC_7439ホテルに荷物を置いてすぐに晩ご飯の散策です。タイはとにかくストリートフードが美味いです。どこの屋台も正直言って日本の屋台より清潔です。というのも、屋台なのに水道を使っているからです。屋台がある地区には道ばたに水道の蛇口が有るようで、どこの店も食べ終わった食器を綺麗に洗浄してました。私は旅好きなのにお腹が強く無いという決定的な弱点を持っているのですが、タイの屋台は大丈夫なのです。

DSC_7754ということで、早速今晩は近くの屋台で変り種ヌードルスープと臓物のスープを頂きました。ヌードルスープはトムヤムに近いスープでとても美味しかったです。私には臓物のスープは流石に少々ハイレベルでした、が嫁はペロっと完食してました。それぞれお値段は40バーツです。(当時日本円レート100円=約29バーツ)今時、二人分の晩飯が300円以下で済む事に心から感謝です。

腹一杯になったので旅の疲れを癒すため初日はすぐにホテルに帰って寝ました。(ちなみに宿泊はシーロム地区です。シーロムやサイアム地区には屋台が多数ありますので食事に困りません。)

二日目はバンコクの定番コースのワット・プラケーオと王宮の散策です。私は嫁は初のタイですので一応この辺は見せておきたかったので昼頃からゆらりと向かいました。

DSC_7451適当なバスを見つけて近くまで行くか尋ねてみて「オッケー!」と言うなんだか良く分からない回答をもらってタラタラと向かいました。

タイでは予想以上に英語が通じませんのでご注意下さい。英語が話せる方もいますがかなりナマリがキツいです。

運転手の娘さんらしき女の子は運転席の横で気持ち良さそうに寝てました。

以下、バスの車窓から働くバイクです。

 

カーペットを運ぶバイク

DSC_7461

仲良く二人乗りの三輪バイク

DSC_7458

ほうき屋さん

DSC_7467

と、まあ皆さん色々とカスタムされててカッコいいです。バイク一台でお店が成り立っている感じもいいですね。

と、ナイスなバイクを写真に納めていたら近くに座っていたおばちゃんが「ワット・プラケーオ、ヒアー!」と言ってきたのでそこで下車。「あれーどこかなー?」と探していたのですが、どうも様子がおかしいので携帯の地図で見てみるとまだ大分離れた所でした。「多分、あのバスのルート上で一番近いのがここだったんだよ!」と嫁。なので、仕方なしにそこからトゥクトゥクを拾って行きました。後半に続く。

写真はタイの電柱の電線。

DSC_7446