Zambia ザンビア

アフリカに来て初めて海に面していない国ザンビアに入国しました。

TAZARA鉄道でニューカプリムポシに到着した僕はその足ですぐにこの国の首都、ルサカを目指しました。ルサカ観光をしたあとすぐにビクトリアフォールズの街リビングストンへと向かいました。

6月にも関わらずザンビアに入ってからは一気に夜は寒くなりました。列車の中でも途中からは毛布無しでは辛いほどでした。

ここ、リビングストンには有名なバックパッカー宿が二軒あり ”フォールティータワーズ” と ”ジョリーボーイズ”の二つです。

事前の情報ではジョリーボーイズにはアジア人はあまり行かないと聞いていたのでここはあえてジョリーボーイズへと行きました。

DSC_9598

バックパッカー宿のレベルでは無い清潔さでした。コミューナルスペースがとても広く、プールもキッチンも充実です。そして宿内にレストランも併設されてますのでちょっとしたホテル感覚です。そして噂通りアジア人は僕だけでした。大半がヨーロピアンの若い子達でした。

ここで、今後の僕の旅を大きく揺さぶる旅人に出会いました。

DSC_9600

キッチンで楽しそうに料理をしているスコットランドイギリス人のレベッカとそれを手伝っているパキスタン系イギリス人のキーラです。

この二人、旅の途中で出会い、一緒に旅をしているとのことです。

レベッカは比較的大人しく、読書と赤ワインをこよなく愛するチャキチャキのスコットランド人でキーラはイケイケのイギリス版”杉本彩”といった感じの女性です。

僕がご飯を作っていたらキーラが「一人旅?今後の予定は?」と親しげに聞いて来ました。

僕「これからビクトリアフォールズを見たあとにナミビアに向かおうと思ってるんだよね。少数民族の村を訪ねるのとエトーシャナショナルパークをレンタカーで回ろうと思ってるんだ。」

するとキーラが

「少数民族?ナミビアに?超見たーい!!」

「レンタカーするの?」

「一人で?」

「高くない?」

と質問攻撃。

しばらくレベッカと話してから

「3人でレンタカー代割ったほうが安いでしょ?」

などと言い始めて、気が付いたら3人でナミビアを目指すことになっていました。ガールズパワーは凄いです。日本人のおっさんは完全に押し切られてしまいました。

とは言ってもここはまだザンビアなのでまずはビクトリアフォールズの観光に行くことに。

途中、オレンジやらアフリカンポロニーという名のこんにゃくみたいな料理を食べたりと寄り道をしながらようやくビクトリアフォールズに到着です。

 

DSC_9779

ザンビアとジンバブエを結ぶ国境の橋を渡ってジンバブエ側からも見学です。

この国境のイミグレーションでちょっとした事が。

まず、僕がイミグレーションの列に並んで窓口へ、

イミグレーション「はい、パスポート見せて。」

僕「はい、これ」

イミ「オッケー、日本人ね!ビザ代$50ね。」

僕「はい$50。」

という流れで、次はキーラの番。

イミ「はい、パスポート。」

キーラ「はい、これ。」

イミ「オッケー、イギリス人ね。ビザ代$80」

キーラ「何で!?タカは$50やん!!!」

イミ「彼は日本人だから。君はイギリス人だから。」

キーラ「意味わからん!!$50にしてよ!!」

イミ「ノーノーノー。それは無理。」

とまあ、日本人とイギリス人でビザ代が違った訳です。キーラはオカンムリな様子でしたがイミグレーションで値切る根性も凄いな〜と思いました。

僕とレベッカでキーラの気持ちを抑えながらとりあえず滝へ。

見えて来ました。とにかく水量が凄い事。丁度今は水量の多いシーズンとのことでしたがまさかこれ程とは思いませんでした。というのも滝から近いビューポイントは水量が多くて危険なので立ち入り禁止になってました。

DSC_9615

 

滝の下まで歩いて行けるトレイルがありますので下まで行ってみました。

DSC_9731

 

トレイルの途中の撮影会。基本キーラがモデルでレベッカが撮影、、。

DSC_9703

 

そんないじらしいレベッカを見かねて僕はレベッカを撮影。

DSC_9641

 

もはや台風の中を歩いている様な感じです。

DSC_9668

 

それでも突き進んで行くと素晴らしい景色が待っています。

DSC_9798

 

もはやレインコートは役に立たないほどの横殴りの水しぶきです。宿にいた他の旅人からのアドバイスで「絶対に水着でいけ!」と言われてましたが、本当に水着で良かったと思いました。ただし、外気温は15度以下ですので凍えながらの観光です。

DSC_9811

 

最後にビクトリアフォールズでのダブルレインボー。僕のレンズではとても収まりきれない特大サイズの虹でした。

DSC_9776

ジンバブエ側のビクトリアフォールズの街はアメリカ並みの値段のレストランが軒を連ねています。我々は疲れていたのでそのままアメリカンなバーガー屋に行きました。確か$10くらいはしたと思います。

あと、この街でU.S.ドルをゲットしたいと考えてましたが、そもそもこの国で現金が流通していないので銀行に行っても現金は手に入りませんでした。トホホ、、。

 

Ethiopia #2 エチオピアNo.2

次に私達が目指したのがカラ族の村、名前はゴルチョ村です。

We started to heading to Gorcho village after Trumi village.

Gorcho village is the place where Kara tribe live. They are known as beautiful costume and making up.

DSC_8599

DSC_8716

 

村に向かっている最中に所々にあった蟻塚。巨大なものだと10m位の高さになります。シロアリの巣です。

Huge nest of ants. Big one have 10m hight.

 

 

 

毎度お馴染みの道無き道を進んだ後、村に到着したと同時に大量のヤギがお出迎えです。

We have drove rough road as always. Many goats are welcoming us.

DSC_8711

 

小高い丘の上にあるこの村を見渡せる断崖絶壁に立っている青年。彼以外の成年男性は皆、家畜の餌やりに出かけていて村にはいませんでした。

He was the only adult man in this village at the time when we visited. All guys gone for feeding animals. This guy was standing on top of the hill with a gun.

DSC_8707

 

どこの村を訪れてもまずにお出迎えに来てくれるのは子供達です。

全身のこの化粧、そして自信に溢れるこの表情、都会の子供達にはなかなか見られない威風堂々とした出立ですよね。

Always kinds welcome me wherever I visit in Ethiopia.

DSC_8630

 

女の子達は皆、首飾りと花飾りでメイクアップしてます。化粧のスタイルが男の子と違って柔らかいですね。顎の花は口の下に開いた穴に刺しています。

Girls were make up with flowers and necklaces.

DSC_8681

 

そして、いよいよ真打ちマダム達の登場です。

やはり迫力が違います。赤ちゃんが母乳を飲んでるのにこの鋭い目つき、恐れ入ります。

Adult Ladies of dignity. Please look at their majestic presence.

DSC_8627

 

こちらはお年頃の女性陣。やはり万国共通でファッションも化粧も抜かりありません。

Teen girls are same as other countries. They love fashion!

DSC_8672

 

左の女性の衣装の下を良く見て見るとプルタブを毛皮の淵にあしらっています。揺れると「シャン、シャン!」と軽快なリズムを奏でていました。

One of the girl costume have many pull-tubs at the bottom. It made nice sound when she start walking.

DSC_8673

 

首に付けているネックレスの量。ネックレスが今彼女達のブームなのかもしれません。

彼女達の衣装に使われている貝殻は隣国ケニアから運ばれてきた物だそうです。この村は山奥ですので当然海は近くにありません。

They are using imported shells for their costumes. Shell are from Kenya.

DSC_8674

 

飾りを作っている最中の子もいました。カミソリを使って丁寧に形を整えていました。

I saw one lady was carefully making her jewelry with razor. All jewelry are hand made in here. What a lovely hobby!

DSC_8664

一通り村の方々に写真撮影に協力してもらった後、村の中を散歩させてもらいました。

多くの家は茅葺き屋根の簡素な形でガス、水道、電気は当然ありません。村のサイズも非常に小さくてこの日、この村を訪れた来客は私達だけのとことでした。観光化されていない数少ない貴重な土着民族の生活環境に触れさせてもらえました。

This village haven’t modernized yet. There is no gas, electric & water. Ethiopia have many this kind of “wild” people and villages. To me they looks happy with it and having less stress then people who live in city.  They don’t need to think abut payment, tax, cell-phone & company.

DSC_8698

 

カラ族、エチオピアの山奥でひっそりと生活している素敵な方々でした。

Beautiful tribe “Kara”.

DSC_8619