Bruges Belgium & Gouda Holland  ブルージュ ベルギー、ゴーダ オランダ

長い事放置しておりましたブログを更新させて頂きます。

DSC_6129

レンタカーを借りた我々は一路ゴーダへ。その途中、所々にある運河を見ながらヨーロッパの景色を満喫しました。なんてことない並木道も絵になるのが欧風なんですかねー。アメリカでよく見るエバーグリーンの木々とはまた違う美しい緑色の並木道を気持ちよくドライブしてその先に、いきなりドーン。

 

ゴーダです。ロッテルダム等の町を経由しましたが割愛させて頂きます。ロッテルダムはモダン建築で有名な町なのですが私はモダン建築より古い建築が好きなのでご了承下さい。

 

DSC_6149

私の長年の夢、ゴーダチーズの総本山に到着しました。やはりなんといってもゴーダチーズが名産なのでどこもかしこもチーズだらけです。町に入ってすぐにチーズ屋に飛び込みました。まあ色々なゴーダチーズがあるわあるわで片っ端から試食をさせていただきました。私はあまり高級な味覚を持ち合わせておりませんので色々なチーズを味見させてもらいましたが、昔から好きなヤングゴーダ(熟成年数の浅いゴーダ)を購入しました。熟成されたゴーダは色が濃く、味も濃厚なのですが子供の頃の記憶のせいか今でも熟成期間の短いゴーダが好みです。値段はソフトボールより一回り大きい丸ごとチーズで5ユーロくらいでした。沢山欲しいのですが重たいので我慢です。一つだけ購入しました。

写真はチーズ屋で試食を楽しむウチの嫁と友達のK君。

DSC_6143

チーズを買ってご満悦な私をよそに二人は市役所へと向かい始めました。市役所までの道の途中のワッフル屋のオヤジに注意されて「ゴーダ」の正確な発音を勉強したのですが。正確には「ガウダ」で、しかも始めの「ガ」は痰を吐く時のような「グゥアー」な発音です。

DSC_6137

私を置いて市役所に向かう二人。やっぱり歴史がある町の建物はプリチーです。

市役所の前の出店もチーズ屋です。

小さな町なので観光に時間はかかりません。よってベルギーへGO!

有り難うゴーダ、またいつの日か!

 

ゴーダをでて暫く走るとベルギーに入国。

DSC_6177

DSC_6186

 

そしてお目当ての町Bruges「ブルージュ」に到着。

この町は街全体がお堀で囲まれてていて、古いヨーロッパの建物が多く残っている美しい町です。町に入る為にはお堀を渡らないといけないのでいくつも橋がかかっていますが、その橋の一つ一つに門があり日本の関所を思わせます。

 

 

DSC_6189れんが造りのキュートな形の門です。町の中は駐車が難しいので門の外に車を置いて歩いて散策します。

 

 

 

 

 

まずは地元の人から町の情報を収集です。地元の人の情報はどんなガイドブックより新鮮です。昔は色々なガイドブックで勉強したりしましたが、ガイドブックの情報は古い事が多く、しかもそのガイドブックをみて来た人が集まってるのでどこも観光客だらけです。地元の人は先月オープンしたレストランだって知ってますしね!

DSC_6196早速、犬の散歩中のおっちゃん発見!色々聞きまくる嫁とK君。結果、今の時期はホワイトアスパラガスが旬だとのことでホワイトアスパラガスを出してるベルギー料理のレストラン情報をゲットだぜ!(この旅の間、私はモロッコで頂いてきた腹痛菌と戦っている事をお忘れなく)

DSC_6236旅で我々夫婦の写真はめったに撮れる事がないのですが、K君が親切に「写真撮りますよ!」と言ってくれたので甘えてカメラを渡しました。他人の目線から見た自分というのは新鮮ですね。

DSC_6228こーんな感じでウロウロしながら楽しく過ごしている間にもK君はしっかりとレストランの予約を入れていてくれました。ありがとう!

夕方の良い時間になってお腹もすいてきたのでレストランへと向かいました。ベルギー料理はフレンチの影響を受けてますので非常に美味しく、かつ値段はベルギープライスなのでフルコースのレストランでもかなり安く頂けました。私のカメラは少々デカいので、料理の写真を撮るのはこのレストランではちょっとなーと思い控えました。

おいしいホワイトアスパラガスのクリームソースを頂き、コースも残すはデザートのみになったところで、おなかが「ギュルルルルルーー」。ということで慌ててトイレへ。

トイレでしばし用を足してテーブルに帰ってきてびっくり、ウチの嫁とK君は撮影大会の真っ最中でした。

遠慮した僕の気持ちはなんだったのでしょうか。

DSC_6284

この後、車を駐車した場所を忘れてしまい約2時間の食後のお散歩を楽しみました。

楽しいベルギートリップをありがとうK君!

Amsterdam Netherlands アムステルダム オランダ

腹痛のまま真夏のモロッコからまだ寒いアムステルダムに帰ってきました。4月のアムステルダムはまだ春がきておらず、夜中には氷点下になる事もありました。という事で友達の家からあまり出たく無い病が発症しましたが、せっかくのヨーロッパなので日中くらいは出かけるように身体に鞭打ちました。

アムステルダムはコンパクトな町で運河が多く流れております。よって町中橋だらけです。橋をどんどん渡っているうちに自分がどこに居るのか分からなくなってしまいます。運河の近くに立ち並ぶ家はどの家もノッポで歴史を感じるデザインです。至る所にチューリップが咲いていて曇った天気の中に綺麗なアクセントになっていました。

町を歩いていて気になったのですが、ものすごく傾いている家が多いです。中には倒れそうなくらい傾いている家も有ります。トップの写真の角の家を見てもらえば分かると思いますが、あのくらい曲がった家がそこら中にあります。

アムステルダムは自転車が主な交通手段として使われている様で、自転車用の道路がどこにでもあります。そしてものすごい勢いで大量の自転車が突っ込んできます。この自転車道がツーリストには厄介です。というのも、アムステルダムの人々はツーリストにイライラしてるらしく、自転車道でボーッとでもしていたらものすごい剣幕で怒鳴ってきます。

DSC_6095私の個人的な感想ですが、アムステルダムのローカルの距離感は日本人より近いです。そして、ガンガンぶつかってきます。そしてご飯が、、、、美味しくありません。これは有名なことなので期待もしてませんでしたが、グロッサリーで購入出来る野菜の種類やお肉の種類が少ないです。価格は安いのですがチーズくらいしか興味が湧きませんでした。marct というスーパーマーケットが比較的商品が多いですが、それでもオーガニックの物はかなり限られます。カフェで食べたサンドイッチもSUBWAYレベルでした。でも、ヨルダン地区などのヒップエリアには新しいオシャレカフェなども出来ていましたので今後に期待です!

ウチの嫁はアムステルダムが大好きなので、行った事のなかった僕は期待が大きすぎた様です。そんな僕の様子を察してか、友達と嫁が『車で出かけよう!!』と提案してくれました!本当に嬉しかった!ありがとう!

実は僕には子供の頃の思い出のオランダが一つだけ有ります。小学校の修学旅行で長崎の「オランダ村」に行った時のことです。

修学旅行の数日前に学級会で ”お小遣いは一人2000円まで” に決まりました。そして、待ちに待った修学旅行。福岡を貸し切りバスで出発して長崎の島原城、雲仙の地獄巡り、そして3泊4日の最終日がオランダ村というコースです。クラスメイトは島原城でやれヌンチャクやら木刀、キーホルダーを買い、雲仙では温泉卵を買ってと楽しんでおりました。しかし、僕はじっと我慢してました。その時、僕には一つの野望があったのです。そして最終日、オランダ村に着いたと同時にチーズ屋に走りました。そして2000円分のゴーダチーズを買ったのです。

家の朝食で、スライスしたバゲットに薄いゴーダチーズをのせてトーストした物をお母さんが出してくれた時の衝撃は小学校4年生の僕の味覚中枢を突き抜けました。その事を忘れられず、オランダ=ゴーダチーズという記憶が形成されました。

今でもその記憶は鮮明にあったので、僕は二人に「ゴーダに行こう!」と。

かくして、ゴーダ経由でベルギーに行く事になりました。

DSC_6170