Amsterdam Netherlands アムステルダム オランダ

腹痛のまま真夏のモロッコからまだ寒いアムステルダムに帰ってきました。4月のアムステルダムはまだ春がきておらず、夜中には氷点下になる事もありました。という事で友達の家からあまり出たく無い病が発症しましたが、せっかくのヨーロッパなので日中くらいは出かけるように身体に鞭打ちました。

アムステルダムはコンパクトな町で運河が多く流れております。よって町中橋だらけです。橋をどんどん渡っているうちに自分がどこに居るのか分からなくなってしまいます。運河の近くに立ち並ぶ家はどの家もノッポで歴史を感じるデザインです。至る所にチューリップが咲いていて曇った天気の中に綺麗なアクセントになっていました。

町を歩いていて気になったのですが、ものすごく傾いている家が多いです。中には倒れそうなくらい傾いている家も有ります。トップの写真の角の家を見てもらえば分かると思いますが、あのくらい曲がった家がそこら中にあります。

アムステルダムは自転車が主な交通手段として使われている様で、自転車用の道路がどこにでもあります。そしてものすごい勢いで大量の自転車が突っ込んできます。この自転車道がツーリストには厄介です。というのも、アムステルダムの人々はツーリストにイライラしてるらしく、自転車道でボーッとでもしていたらものすごい剣幕で怒鳴ってきます。

DSC_6095私の個人的な感想ですが、アムステルダムのローカルの距離感は日本人より近いです。そして、ガンガンぶつかってきます。そしてご飯が、、、、美味しくありません。これは有名なことなので期待もしてませんでしたが、グロッサリーで購入出来る野菜の種類やお肉の種類が少ないです。価格は安いのですがチーズくらいしか興味が湧きませんでした。marct というスーパーマーケットが比較的商品が多いですが、それでもオーガニックの物はかなり限られます。カフェで食べたサンドイッチもSUBWAYレベルでした。でも、ヨルダン地区などのヒップエリアには新しいオシャレカフェなども出来ていましたので今後に期待です!

ウチの嫁はアムステルダムが大好きなので、行った事のなかった僕は期待が大きすぎた様です。そんな僕の様子を察してか、友達と嫁が『車で出かけよう!!』と提案してくれました!本当に嬉しかった!ありがとう!

実は僕には子供の頃の思い出のオランダが一つだけ有ります。小学校の修学旅行で長崎の「オランダ村」に行った時のことです。

修学旅行の数日前に学級会で ”お小遣いは一人2000円まで” に決まりました。そして、待ちに待った修学旅行。福岡を貸し切りバスで出発して長崎の島原城、雲仙の地獄巡り、そして3泊4日の最終日がオランダ村というコースです。クラスメイトは島原城でやれヌンチャクやら木刀、キーホルダーを買い、雲仙では温泉卵を買ってと楽しんでおりました。しかし、僕はじっと我慢してました。その時、僕には一つの野望があったのです。そして最終日、オランダ村に着いたと同時にチーズ屋に走りました。そして2000円分のゴーダチーズを買ったのです。

家の朝食で、スライスしたバゲットに薄いゴーダチーズをのせてトーストした物をお母さんが出してくれた時の衝撃は小学校4年生の僕の味覚中枢を突き抜けました。その事を忘れられず、オランダ=ゴーダチーズという記憶が形成されました。

今でもその記憶は鮮明にあったので、僕は二人に「ゴーダに行こう!」と。

かくして、ゴーダ経由でベルギーに行く事になりました。

DSC_6170

 

Essaouira Morocco エッサウィラ モロッコ

outsideof.com

海沿いの町、エッサウィラへはマラケシュからバスで約3時間。バスの中のエアコンが効かないのはご愛嬌です。外気温37℃で窓が開かないバスはもはや苦行です。ついでに私は食中毒により腹痛もプラスで、もうゲッソリです。

そんなマゾヒステックな時間を過ごした後、大西洋沿いの町エッサウィラに到着です。

アフリカでシーフードが食べれる本当にありがたい町です。しかも漁港の前にマーケットが有るので新鮮そのもの。

DSC_5967

魚を選んですぐにバーベキューで焼いてくれます。ウニは生で!

DSC_5974

食中毒は治る気配も有りませんが、薬も無いし。もういいや!ってことで食べまくりです。

あとはトイレが近くにあるオーシャンビューの宿の屋上で休みます。

DSC_5955

まるで地中海のリゾートです。これでお腹さえ痛くなければ最高なんですが、、。

DSC_6037

町の商人も他の町に比べてツーリストも少なく、リラックスしていていい感じです。

DSC_6017

落ち着いた雰囲気がこの町を包んでいます。

私達の一番好きな町でした。

DSC_5949

港に行くと歴史的な砦の前に青い魚船が沢山停泊しています。古い砦が今なお漁港の一部として使用されている美しい港です。

DSC_6067

モロッコのどこにでもあるタジンも、ここエッサウィラではシーフードタジン!

写真はイカとエビのタジンです。

DSC_6061

今回はモロッコ滞在の日程内でたった一泊二日しか過ごしませんでしたが是非また帰ってきたい町でした。マラケシュやフェズの喧噪に疲れた方にオススメです。

DSC_6077

 

Fes Morocco フェズ モロッコ

DSC_5840モロッコの古都フェズ。世界遺産にも指定されていて非常に歴史のある町並みです。そしてこの町一番の見所は何と言ってもその迷路のように入り組んだ町並みでしょう。我々観光客には地図があっても同じ場所に帰ってくるのが難しい程入り組んでます。そして全ての道が非常に細く、建物は統一されたデザインでまるでタイムスリップして昔のアラビア国に紛れ込んだかのような感覚に落ちます。

DSC_5879なんて言うと日本の観光雑誌みたいなのですが、実際は上記プラス、大量の猫がうろついていてそこら中に獣のフンが転がっていて、強烈な臭いと喧噪。道が細いのにリヤカーやらロバやらがガンガン来るので常に気が抜けない。そしてマラケシュ以上のアグレッシブな商人達。例えるなら上野のアメ横モロッコ版とでも言いましょうか。そしてそこら中で観光客が地図とにらめっこしながら立ち止まってます。

ひっきりなしにリヤカーや荷物を積んだロバが来ますので常に道のはじっこを歩いてます。

DSC_5859写真は羊の毛を運ぶロバ。

商店が立ち並ぶエリアから奥に行くと、職人さんが作っている工房エリアに入ります。

ここのエリアは非常に見応えが有ります。スカーフを織っている職人、鍋をたたいて作る金属職人、ランプを作っている職人など様々です。そしてやはり職人の方々はあまり商売気がなく、ゆっくりと商品を見学させてくれます。

DSC_5908写真は絹糸をターメリックで染めている職人さんです。こういった所で一つ一つ商品が作られる姿を見るのは非常に興味深く楽しいです。

私自身、買い物をする時は非常に厳しくリサーチをするタイプですのでこういう工房を見させてもらえると商品が作られる行程を自分で見れて、楽しくショッピングが出来ます。

フェズというとやっぱり有名なのは陶器ですよね。フェズブルーと言われる青色でデザインが施されたお皿は陶器屋さんの店内に所狭しと並べてあります。早速我々はお土産を物色し始めました。

DSC_5858日本ではコセマというフェズの陶器ブランドが非常に有名ですが私は正直あまり興味が湧きませんでした。現物をいくつか見ましたがどれもプリント柄でいかにも大きな工場が生産しているスタイルのお皿に見えたからでしょう。フェズには職人の手書きの美しい模様が施された皿が山のように有りますので私のお目当ては自然とそちらに向きました。お土産用のお皿とお家用のお皿を選んで、いざ、うちの嫁が交渉!

嫁「このお皿3枚でいくら?」

店員「そうだねー300ディルハムだね!」

嫁「ノーノーノー!200しか出せないよ!」

店員「でもこの皿は作りがしっかりしてるからあまり安く出来ないんだよ。295ディルハムで」

嫁「ダメダメ!220ならどう?」

店員「290!」

嫁「230!」

店員「285!」

嫁『250!」

店員「280!」

嫁「270!?」

ここまでのやり取りを見て大方の人は気づくと思いますが店員が5ディルハムずつしか下げてないのに対してウチの嫁は10ディルハム単位で競り上がっていってます。私が横で微笑みながら聞いてると。

店員「君はあまり交渉が上手じゃないね!250ディルハムにしてあげるよ!」

と、思ってもいなかった店員からのディスカウントオファーが。

嫁「安くなった!でもなんか屈辱的!!」

とその場は楽しくショッピングの時間を過ごしました。

DSC_5886フェズでは主に歴史的建造物の見学とお土産ショッピングを楽しみました。

ちなみに私はここフェズで食べた何かにあたってしまい、この後10日間に渡って腹痛に苦しめられる事になります。

Marrakech, Morocco  マラケシュ モロッコ

人類のルーツ、アフリカ。前からずっと興味はあったのですがなかなかチャンスが無くて行く機会を逃していた場所でした。

今回のバケーションの計画は友達が住んでいるオランダのアムステルダムを訪れる事にしていたのですが、友達が急に出張が決まってしまい最初の一週間は一緒に過ごせない事になってしまいました。そこで予定を変更して、我々にとって初めてのアフリカ大陸上陸、モロッコに行ってみる事になりました。

まずはアムステルダムまで飛んで、友達の家に荷物を置かせてもらい、身軽になってからモロッコはマラケシュへと向かいました。

春のアムステルダムはまだ寒くて、夜中の気温は0度近くなる時期です。そこからいきなりの35度オーバーの国に到着して身体がダルーくなってしまいましたが、自分に鞭を打って到着の夜はホテルの近くにあるフナ広場へと繰り出しました。

そうそう、モロッコの入国審査はものすごく時間が掛かりました。一人一人じっくりと確認してるからでしょうがヨーロッパのスピードに比べるとかなり遅いです。あと、空港での地元通貨への両替ですが、気をつけてください。現金ではなくモロッコで使えるというカードに入金して渡そうとしてきます。どのくらいの場所で使えるかは分かりませんが現金への両替をオススメします。実際にモロッコを旅して、カードが使えるお店なんてほとんどありませんでした。両替レートは町の両替屋の方がいいです。

DSC_5581

毎日がお祭り騒ぎのナイトマーケットのフナ広場。100軒以上の屋台とストリートパフォーマーが所狭しと騒いでおります。毎日がお祭りの様です。

DSC_5586お店の数は100軒以上は有りますがそれぞれのお店に個性は特になく、肉メインの店、スープメインの店、カタツムリの店、魚介をフライした店などがそれぞれ20軒ずつあるような状態です。我々も適当な店に腰を下ろしていざ注文。牛肉の煮込みが美味しそうなので早速注文しました。さすがに有名観光地だけあって英語が通じるのはありがたいですが、

嫁「お兄さん!牛肉の煮込みと野菜タジンちょうだい!」

兄ちゃん「はいよ!はいこれ、パンはフリーね!」

嫁「ありがと!スプーンとフォークくれる?」

兄ちゃん「オッケー!待ってて!」

兄ちゃんが他の客に「姉さんこのフォーク使い終わった?もらうよ!」

すると置いてあったバケツの水にその使い終わったばかりのフォークの先端を入れて

「カチャカチャカチャ!!!」

兄さん「はい、フォーク!」

嫁「、、、、、、ちょっとーー!口紅べったりついてるやん!」

兄さん「はははー!これがモロカンスタイルよー!」

私、嫁「、、、、、、。」

という感じで初めてのモロッコの食事がスタートです。言うまでもなく私達は全ての食器類をふきふき。衛生面ではインドと同等で有る事を確認していざ晩ご飯。

見た目はターメリックを使用しているせいか黄色い食事が多いのでスパイシーなイメージがあったのですが食べてみるとどれもマイルドな味でちょっと驚きでした。野菜のタジンはその後も何度も食べましたがどこも蒸し野菜の様な味で癖が無くおいしいです。

翌日、改めてフナ広場の北にある市場の中を散策に行きました。

DSC_5638噂通り迷路のように入り組んでいて、カーペット屋、ランプ屋、スパイス屋、サンダル屋などが犇めき合ってます。しかもその細い路地をバイクやロバが次々に来るのでゆっくりと商品を見る事もできないような状態です。「店に入ってゆっくりみたらいいじゃーん!」なんて突っ込まれそうですが、そうも行かないのがここマラケシュ。

一度、興味のあるそぶりを見せると店員からの猛烈アタックが始まり始まり。「これが好き?じゃあこれは?いくらなら買う?どこから来たの?まあ、ミントティーでも!」という感じでとにかく放してくれません。定価が存在しませんから毎回価格交渉です。なのでそういったコミュニケーションを楽しまないとこの町は疲れます。

マラケシュは他の町より物価が高い事を友人に聞いていましたので、我々は何も買わずお散歩程度に散策しました。日が高い日中は一時的に閉めているお店も多く、夕方になると賑わいを取り戻します。

夜のマラケシュは気候がよく、まるで日本の夏の夜の様です。私達が住んでいるサンフランシスコは真夏日がないので、夜Tシャツ一枚で歩くのはずいぶん久しぶりでした。

翌日は名物オレンジジュースでスタート。オレンジジュースはモロッコのどこで飲んでも美味しかったです。あと、不思議に思ったのが、モロッコではアイスコーヒーやアイスティーをサービスしている店を見かけませんでした。ティーは基本ホットのミントティーです。

マラケシュでは主に寺院などの観光地を巡って細かいイスラム建築を楽しんで、第二の町Fes(フェズ)へと向かいました。

マラケシュから北の町フェズへは電車での移動です。この電車は席が一等と二等が有るのですが7時間もの移動時間に対して$10くらいしか金額の差がありませんので一等を購入しました。

DSC_5929前もって一等の席を購入してて大正解でした。一等は指定席なのですが二等は自由席です。なので、当日、電車が到着と共に大勢の乗客が我先にと席を取りに車内に流れ込みます。

フェズへの行き道は無事、ゆっくりとした時間を過ごせました。途中で電車は人身事故を起こしたらしく、もちろん一時間以上遅れでフェズに到着です。

モロッコの古都、フェズ。この町はマラケシュにも増して迷路のように道が入り組んでいる事で有名です。一度迷ったら最後、方角すら分かりません。そしてトドメが商人たちのもうアタック!ここ、フェズはマラケシュよりさらにアグレッシブに商品を売ってきます。そして道の子供達が「道を案内してあげるよ!」といって近寄ってきてはチップをせがんできます。なので我々も慎重に人の良さそうなローカルを選んで道を尋ねました。

一般のローカルはいい人ばかりですぐに道を教えてくれます。用は、我々観光客を獲物の様な目で見てる人は必ずお金をせびってきます。皆さんもお気をつけて。

DSC_5944

 

 

Hair pins ヘアーピン

今回は最近、髪を伸ばし始めた彼女が「ヘアピンが欲しいー」と言っていたのを思い出して久々に制作する事にしました。

まずは、真鍮の棒を買ってきてトーチであぶって、水で冷やしてハンマーでたたきまくる。そうすることで真鍮の棒は固くなります。固い棒が出来たら後は棒を赤くなるまで熱しながら整形していくだけです。そんなに難しい作業ではないのでラーメンヘアピンも1時間くらいで出来ました。

このラーメンヘアピンは大きすぎて実用性があまりないので、もう一丁、モダンな感じな実用的なヘアピンも作ってみました。

dsc_5254

ラーメンヘアピンを装着して遊んでいる所、

dsc_5256

喜んでくれたので良いという事でこのプロジェクトは終了です。

 

Golden gate park in SF ゴールデンゲートパーク サンフランシスコ

今朝は近所の自転車屋さんのブライアンさんからの電話で始まりました。

「ヘイ!タカ!自転車届いたよ!いつでも取りにきてね!」

昨年の12月はじめにオーダーした折りたたみ自転車がやっと届いたとの事で早速ピックアップに向かいました。

dsc_5258トラックで旅に出た時に、出先のナショナルパークで自転車で行動したいなーと前から思っていたとこで友達のケンさんが20年近く愛用しているという”ブロンプトン”が気になっていました。

イギリス製で何となくジェントルな佇まい、折り畳んで小さくなる上に頑丈、これなら旅に持って行ける!という事で昨年末オーダーするに至ったのです。

まずはブライアンさんに折り畳み方のレクチャーを受けました。女性でも難なく折り畳めるサイズと重量で素晴らしい限り。

早速、トラックに乗せて近くの公園でサイクリングする事にしました。

まずは、自転車を下ろして、、いち

dsc_5265

二の

dsc_5266

三っと

dsc_5267

アラ簡単。

dsc_5268このまま公園内をサイクリングに出発!

ゴールデンゲートパークはサンフランシスコにある最大の人口公園でその面積はニューヨークのセントラルパークをも凌ぎます。公園内には様々な動物が住んでいて、リス、ラクーン(あらいぐま)、コヨーテにコジキと様々です。夜は明かりも少なく非常に危険な場所ですのでオススメしません。特にコジキによる被害は後を絶たないので是非、お昼に訪れて下さい。

dsc_5275小一時間のサイクリングを楽しんで日が暮れる前に公園を後にしました。

普段の生活での楽しみも増えましたが旅先でのサイクリングが楽しみです。

 

Mushroom hunting  キノコ狩り

2017年の初ドライブは温泉に行きたかったのですがどこも予約で一杯なので近場にハイキングに変更しました。ところが、いざ当日になるとあいにくの天気。アメリカの正月はナーンにもする事ないのでとにかく自然のある場所に行きたくてキノコ狩りに決定です。

dsc_5137ここ北カリフォルニアでは色々な種類のキノコが採れます。松茸、シャンテレ、ポルチーニ、ブラックトランペットなどなど。ただベニテング茸などもうようよいるのでそれなりに予備知識が必要です。
出発が遅かったせいもあって薄暗い状況でのキノコ狩りスタートです。

 

あっちこっちに色んなキノコが生えていて、カリimg_1930フォルニアの自然の豊かさを体感出来ます。

今年は夏が長かったせいか落ち葉の量が例年より多く、松茸を探すには適していない環境ですので途中で他のキノコを探すことにしました。

食べれなそうなキノコばっかりですが色や形が個性的で見ていて飽きません。

 

 

今回、唯一とれた食べれるキノコ”ヘッジホグ”です。

dsc_5153

dsc_5156

刷毛できれいに土を落として明日の朝食に備えます。

 

 

 

翌朝、うちの嫁がキノコ、ズッキーニ、ポテトをオリーブオイルで炒めてくれて美味しくいただきました。

dsc_5161

今年も可能な限り外出してここにアップします。宜しくお願い致します。

Steep Ravine hot springs 温泉

2016年のクリスマス。イブを満喫する予定だったので25日はゆっくりと起きて「さー何しょっか」という感じで始まりました。

年末の忙しい時期のつかの間の休みでしたので「温泉にでもつかりたいなー」ということで早速、日帰りが出来る場所を調べて電話してみるもののどこも満員。「さすがにクリスマス当日は無理か〜」と諦めていた所に、フッと記憶の線が。。。

「サンフランシスコから遠くない所に自然の温泉が海岸にあって干潮の時だけ現れる温泉があるんだよねー」

と過去の会話の記憶が。早速調べてみると、ありました。Steep Ravine hot springs. 確かにサンフランシスコから約45分と遠くないところです。ヌーディストビーチで有名なスティンソンビーチの近くです。それでは潮の満ち引きは、今日の午後3時28分が干潮。

んーーー行ってみよう!

dsc_5086

クリスマスのサンフランシスコは曇り。太平洋に出てもやっぱり曇り。とりあえず車で近くの海岸まで行ってそこからはトレイルです。天気のいい日なら爽快なハイウェイ1を北に向かいます。

やっぱり天気はどよーーんとしてます。そして寒い。

 

お昼なのに海も暗くて冷たそうです。本当にこんなところに温泉が湧き出ているのかな?

dsc_5091とりあえず車を止めて海岸をトレイルです。結構急な岩場が続いていて危険な場所です。でも確かに人が歩いているトレイルがウッスラとあります。

岩肌が出ているの急な斜面です。こんな感じの道を10分くらい下って行ったところで。

「なんか硫黄臭い!!!」

確かに温泉のあの臭いです!

「やったーーー!絶対温泉がこの近くにある!!!」

dsc_5089

テンションも最高潮に達したせいか足取りも軽くペースがあがります。

 

 

「あったーーー!!」

 

 

そこには明らかに人が入れるように岩が組んであるばしょが一カ所有りました。そしてその岩のプールの中の水だけ濁った色をしています。

彼女が恐る恐る触ってみて一言、

dsc_5100

「ぬるい。。」

そりゃーそうですよ。目の前で太平洋からの波がザブンザブン入って来てますからね。

一応、私も確認のため、

dsc_5107

「これに入ったら風邪ひくな。」

ということで折角、崖っぷちトレイルを苦労して歩いて来たのですが入浴はパスしました。もっと波の低い日に来ないとダメみたいですね。でも、こういう温泉が存在する事が分かったので楽しかったです。改めて夏に来ます。

 

Taos Pueblo in New Mexico タオス プエブロ ニューメキシコ州

img_0081New Mexico is one of my favorite place to visit. Santa fe is not only very artistic city but also there is many charming houses. But it is far place to visit from San francisco.

We spent 4 days to get there. Everyday ride a bike more than 8 hours. We like enjoying local street sometimes. We might miss many beautiful local monuments or events if we only drive on interstate. We love slow travel.

 

 

 

I think Many American states have each nature color.img_0080

For example

California: Dry Grass Green

Arizona: Red

Nevada: Black

Utah: Orange

Colorado: Green

And New Mexico is Sand Yellow.

img_0161

 

Summer bike travel have some benefits. This is one of them. Easy to dry your cloths.

 

 

 

 

 

img_0149There is a small village call “Chimayo” in New Mexico between Santa fe and Taos. The village have two Native American family own waving shops. “ORTEGA” and “CENTINELA”.

ORTEGA is very traditional  waving shop. They strictly make Native American old school design items.

CENTINELA also old school design but they put some new idea on their arts. This time I wanted to custom order my original design vest so I went to CENTINELA.

 

There is many beautiful art pieces in the shop. They also have many color samples.I pick up beautiful hand dye natural indigo.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Natural indigo 

Taos pueblo is a housing complex. Yes, native Americans are still living in this building. There are some mismatching colorful doors on the building as you can see in the picture below. Some of the rooms are modified as shops for visitors.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Taos pueblo

We also stop by at 2nd mesa in Arizona. Where the small Hopi village is. One of very kind Hopi family invited us to their house. The house was build with concrete blocks, no windows, no doors and very hot inside. Hopi Grandma was waving beautiful basket by hand in the house. Hopi guy explained us about Hopi Kachina dolls.Their smile were the best ever.

img_0165

 

Unreadable Hopi shop sign.

img_0170

 

Portland Oregon, ポートランド オレゴン州

カリフォルニアから近いようで遠い場所、それがポートランドです。日本ではオシャレな場所の代名詞的な場所だと思いますが、個人的には多くのクラフトマンが住む”メイド イン アメリカ”の聖地の一つだと思います。そんな事で今回もドライブでポートランドへ。

サンフランシスコからオレゴン州に入るまでに8時間くらい、そこからポートランドまで3時間くらいまでの道のりです。その途中に、マウントシャスタ(クリスタルガイザーの産地)で散歩したり、アシュランド(ピッピーな町)で食事したりするので時間は遅れるばかりです。実際は途中でキャンプもして2日くらいかけてポートランドに到着です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

まずは「ストンプタウンコーヒー」で休憩。今、一番美味しいと噂のコーヒー屋です。

dp2m0061ストンプタウンコーヒーはこれまた話題のACEホテルの一階にはいっています。このホテルはアーティストが内装を飾っていることで一部屋一部屋がすごくカッコいいのです。

Portland, OR

ポートランドは夏の一時期を省くと基本雨が多い町です。前もって天気予報を確認にて訪れる事をオススメします。私達は真夏の晴れた時期を狙って行きました。

 

この町について一番に思うのは人々の優しさです。なんというか皆すごく優しいのです。道ばたのおじさんに道を聞くだけでも

このレストランに行きたいんだけど、どう行けば良いか分かります?

おお、そこはいい店だよ、その店に行ったらOOOをオーダーした方が良いよ、あとカクテルもオススメだねー」

といった具合で立ち話が始まります。そういう事はアメリカでは頻繁にあるのですが、この町の頻度は他の町と比になりません。素敵です。

 

次に、ポートランドはすぐ近くに自然が多く有ります。特に雨が多いので緑が生い茂ってます。車で20分も行くと滝に出会えますしイチゴ狩りにも行けちゃいます。

img_1576

 

炎天下で調子にのってイチゴ狩りを2時間以上楽しんで、後に頭がクラクラしてしまいましたが、採れたイチゴの美味しさで頭痛も忘れてしまいました。

 

 

 

 

 

今回、ポートランドを訪れた理由に、”彼女の靴を作る”と”私の革ジャンを作る”という二つのリストが有りました。

まずは彼女の方から。彼女の足のサイズが左右で若干違うので市販の靴がフィットしないという慢性的な悩みが有りました。大きな方の足のサイズに合わせて買うのですがどうしても他の足が痛くなっdp2m0064てしまうのです。そこでポートランドにある木こりのブーツ屋さん「ウエスコブーツ」にて採寸して作ってもらおうという事になりました。

ウエスコブーツは小さな工場で今でも全ての行程を自社工場で行っている”メイド イン アメリカ”なメーカーです。基本、在庫は持っておらず全ての靴がオーダーです。

彼女も早速採寸してもらってオーダーしました。折角dp2m0065なので私のブーツも作ってもらう事にしましたが

君の足は一般的な形だからどんな靴でも合うでしょ?」と言われて、

はい。でもオーダーする。」

という事で私も一応カスタムオーダーしました。

滞在中に時折やって来る地元の木こりのおじさんたちの履き潰したブーツを見て「カッコいいな〜」と思い楽しい時間を過ごしました。7週間後の完成が楽しみです。

 

次は私の革ジャンです。ポートランドの「ラングリッツレザー」という革ジャン屋さんは知る人ぞ知るバイカー革ジャン仕立て屋さんです。バイク乗りとしてここの革ジャンはどうしても欲しかったので早速向かいます。

ここも小さなお店で、所狭しと革ジャンが置いてあります。ラングリッツレザーもオーダーメイドオンリーで、採寸してのオーダーが基本です。早速私のサイズを手際よく採寸して頂いていたらお兄さんが

ん〜、君にピッタリのジャケットが今日出来上がって、今あるよ」との事。

じゃあ着てみても良い?

もちろん!

img_1586そして試着したらなんとピッタリ。本来なら数ヶ月待ちの革ジャンがなんとその場で買えてしまうというサプライズに大喜び!ということであっさりと購入出来てしまいました。ここでも店のお兄さんと記念撮影をパチリ。彼女が撮ったので斜めってます。

今回は自然旅というよりショッピング旅になってしまいましたがポートランドに行く時は是非、自然を一緒に楽しんで下さい。意外なほど近くに多くの自然が有りますのでレンタカーで散策してみるのも楽しいと思います。

 

 

 

後日、届いたブーツを履いて携帯で記念撮影。もちろん彼女が撮ったので変な黄色いフィルターがかかりました。ブーツの出来映えには「最高」の一言につきます。

img_1844

 

最後に、オレゴン州は消費税がありませんのでお買い物のし過ぎにご注意下さい。