Golden gate park in SF ゴールデンゲートパーク サンフランシスコ

今朝は近所の自転車屋さんのブライアンさんからの電話で始まりました。

「ヘイ!タカ!自転車届いたよ!いつでも取りにきてね!」

昨年の12月はじめにオーダーした折りたたみ自転車がやっと届いたとの事で早速ピックアップに向かいました。

dsc_5258トラックで旅に出た時に、出先のナショナルパークで自転車で行動したいなーと前から思っていたとこで友達のケンさんが20年近く愛用しているという”ブロンプトン”が気になっていました。

イギリス製で何となくジェントルな佇まい、折り畳んで小さくなる上に頑丈、これなら旅に持って行ける!という事で昨年末オーダーするに至ったのです。

まずはブライアンさんに折り畳み方のレクチャーを受けました。女性でも難なく折り畳めるサイズと重量で素晴らしい限り。

早速、トラックに乗せて近くの公園でサイクリングする事にしました。

まずは、自転車を下ろして、、いち

dsc_5265

二の

dsc_5266

三っと

dsc_5267

アラ簡単。

dsc_5268このまま公園内をサイクリングに出発!

ゴールデンゲートパークはサンフランシスコにある最大の人口公園でその面積はニューヨークのセントラルパークをも凌ぎます。公園内には様々な動物が住んでいて、リス、ラクーン(あらいぐま)、コヨーテにコジキと様々です。夜は明かりも少なく非常に危険な場所ですのでオススメしません。特にコジキによる被害は後を絶たないので是非、お昼に訪れて下さい。

dsc_5275小一時間のサイクリングを楽しんで日が暮れる前に公園を後にしました。

普段の生活での楽しみも増えましたが旅先でのサイクリングが楽しみです。

 

Taos Pueblo in New Mexico タオス プエブロ ニューメキシコ州

img_0081New Mexico is one of my favorite place to visit. Santa fe is not only very artistic city but also there is many charming houses. But it is far place to visit from San francisco.

We spent 4 days to get there. Everyday ride a bike more than 8 hours. We like enjoying local street sometimes. We might miss many beautiful local monuments or events if we only drive on interstate. We love slow travel.

 

 

 

I think Many American states have each nature color.img_0080

For example

California: Dry Grass Green

Arizona: Red

Nevada: Black

Utah: Orange

Colorado: Green

And New Mexico is Sand Yellow.

img_0161

 

Summer bike travel have some benefits. This is one of them. Easy to dry your cloths.

 

 

 

 

 

img_0149There is a small village call “Chimayo” in New Mexico between Santa fe and Taos. The village have two Native American family own waving shops. “ORTEGA” and “CENTINELA”.

ORTEGA is very traditional  waving shop. They strictly make Native American old school design items.

CENTINELA also old school design but they put some new idea on their arts. This time I wanted to custom order my original design vest so I went to CENTINELA.

 

There is many beautiful art pieces in the shop. They also have many color samples.I pick up beautiful hand dye natural indigo.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Natural indigo 

Taos pueblo is a housing complex. Yes, native Americans are still living in this building. There are some mismatching colorful doors on the building as you can see in the picture below. Some of the rooms are modified as shops for visitors.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Taos pueblo

We also stop by at 2nd mesa in Arizona. Where the small Hopi village is. One of very kind Hopi family invited us to their house. The house was build with concrete blocks, no windows, no doors and very hot inside. Hopi Grandma was waving beautiful basket by hand in the house. Hopi guy explained us about Hopi Kachina dolls.Their smile were the best ever.

img_0165

 

Unreadable Hopi shop sign.

img_0170

 

Death Valley National Park デスバレー ナショナルパーク

Tea kettle junction. You must have a 4×4 car to get there. this junction is on the way to get “race truck”. About 2 hours off road drive.

カリフォルニア州、デスバレーナショナルパークの中でも最も訪れるのが難しい場所 ”レーストラック” 『岩が勝手に動いて溝ができている場所』に行く道です。

オフロードの道を2時間程走り続けるとこのトップ写真の場所 ”ティーケトルジャンクション”『ヤカン交差点』に着きます。ここまで来ると残りの道は20%程なので気が楽です。

初めrace truck, Death valleyて訪れた時はレンタカーのプリウスで来てしまって、運転が大変でした。今回は4輪駆動なので随分と楽に到着できました。たどり着いた先は一面の砂漠。とはいっても砂の砂漠ではなく乾いた大地です。前に来たときにはムービングロックが多く見られましたが今回はほとんど見つかりませんでした。

 

レーストラックは完全に無音状態でまるで”あの世”の様な場所です。

夏に訪れるのはお勧めしません。地球上で最も暑い場所の一つですので。前に7月にキャンプをしに訪れたときにパークレンジャーから「運良く寝れたら日の出と共に起きるよ!」と言われました。夏の夜でも40℃くらいになりますし、日が昇ると倒れそうなくらい暑いです。ですから冬の時期がベストシーズンなナショナルパークです。

それから、水、食べ物は忘れずに!もし途中で車が止まってしまっても助けの車が来るまで生き延びないといけませんのでね!もちろん携帯は通じません。

Thanksgiving day 2016

We had a very long summer in San francisco 2016. Finally winter came to our city since couple weeks ago. We have only 5 more weeks this year. This short trip might be the last in 2016.

Big sur sunset #1We went to Big Sur in California. It takes 3 to 4 hours from San francisco by a car. You can see beautiful land’s end view and wild nature around Big Sur. People love to go to Black Friday Sale after Thanksgiving day. We knew there is heavy traffic early morning on freeway. So we left my house afternoon. We had a lunch and gas stops on the way to get there so we made Big Sur right around sunset. It was very beautiful red sunset.

Big sur sunset #2

We started looking for camp sites after sunset. We checked couple National forest camp sites but there were all FULL!? Some of camp sites were even CLOSED. We decided to stop at private lodge for getting some local information.

 

 

At the front of lodge,

F: How can I help you?

I: We are planning to camp in this area but all camp sites were full, also many camp sites were even closed. Do you know why?

F: Yes, it’s because if huge fire.

I:FIRE?

F: We had huge fire last months therefore many place of National forests got damaged.

I:Whaaat!?

We don’t have a TV in my house so we only check news on laptop. There was no way I could get this information. Anyway, we have to find a place that we can camp tonight. We started to search private camp grounds and call and ask them if they have any available. Then my wife found one in mountain side. They only had 2 or 3 more available. We were very lucky. It was 8:30pm.

 

Outside was very dark when we got camp site. My wife started cooking dinner and I started open tent immediately. My wife’s outdoor cooking skill is miracle. She made Korean style bibimbap in 45 min.  We love Japanese and Asian food so she always cook rice even outdoor.

camp cookbibimbup #!We spend couple minutes in front of fire after dinner. Talking about 2017 summer vacation Alaska road trip plan.  Our quiet Thanksgiving night finished in California nature.

TOYOTA Pickup 4×4

1988 Toyota Pickup 22RE motor with CVT roof top tent. Not a very fast car therefore I don’t get a speeding ticket. Sometimes I battle with a SEMI truck on freeway especially when street is uphill. But speed is around 65mph. My wife prefer truck than motorcycle for road trip because she can bring a lot of cloths. She told me “I don’t want to eat at fancy restaurant with motorcycle jacket”.

日本では販売されていない北米仕様のトヨタトラックです。とにかく壊れないことで有名で、基本メンテのみで走行距離50万kmは軽く超えるエンジンです。レトロなカクカクデザインが気に入ってます。車旅はバイク旅とは違って沢山荷物を持っていけるので贅沢です。CVTルーフトップテントを装着。快適なアメリカ旅のパートナーです。

dsc_4940

Yamaha TW200

I got this TW from my friend who gave up to fix her. This TW was all stock condition with full of dust in carb. It was pretty easy to became running condition but original TW wasn’t my style. I decided to cut frame and weld scrap steel. Print my ass to make a carbon fiver seat. At the end this bike became a MAD MAX style. Police pulled over me and said “Your bike is missing something”. But he didn’t give me a ticket.

KTM LC4 640

Exif_JPEG_PICTURE
My first road trip bike in the U.S.  This bike taught me how to travel in the U.S.  Yes, I put a big pelican box on her therefore she makes front up very often.

アメリカに来て最初に買った旅用のバイク。単気筒なので振動が凄い、そのためガソリンスタンドで止まる度に手がしびれて大変です。アメリカの旅では640ccは小さ過ぎると教えてくれたバイクです。

KTM Adventure 990

dp2m0399My current road trip bike. KTM Adventure 990. Very fast and heavy. I got 2 speeding tickets with this lady. She can hold 11 gallon gas. My wife love this back pannier box. It works as her back rest. We put tent on it when we travel. She use a tent as pillow. Yes, she is sleeping on the back while I’m driving.

早くて沢山荷物が詰めるのでKTM LC4から買い替えたのがこのAdventure。990ccの排気量でフリーウェイも問題なし。ただスピードが出過ぎるので2回、速度違反で捕まりました。バイクはサイズが大きくなると極端に長距離運転が楽になります。普段の足にもいいので大好きなバイクです。

Kawasaki Z1とカリフォルニア生活

cimg3243

アメリカに来て初めて所有したバイク。1975 Kawasaki Z1。現物確認後、エンジン始動を確認できたからホッと一息。日本からはるばる持ってきた集合管とCRキャブに交換してステップもUPポジションに!これでまずアメリカ生活の足は出来た!とは言っても、まだ登録もしていなければ免許も無い。国をまたいで引っ越しするという事は、新しく、免許証、銀行口座の開設、住居の手配などする事が山積みです。僕の場合はまず先輩のヨーさんの家に居候させて頂く事になりました。

cimg3248

バイクの前に僕のサンフランシスコ空港から始まったアメリカ生活の初日を搔い摘んで。

かなりはしょりますが成田を出てサンフランシスコの空港に着いてまず最初の洗礼が、僕の預けた荷物が出てこない!?でもどうすればいいのか、、。とりあえず空港のスタッフらしき人を見つけて身振り手振りで『ニモツ、デテコナイデース』みたいな事を言ったらすぐに理解してくれました。

今考えれば当然なのですが、預け入れの荷物が出てくる所でオロオロしているという事は荷物の紛失ですよね。その時は「通じたー!」と思ってホッとしました。が、しかし、荷物は全て出し終わったとの事。「あれーー、じゃあ僕の荷物はどこ?」なんて状態で不安になっていたら一人の係員が寄ってきて「あれは?」と一言。その彼の指差すはるか先には僕の30kg x 2個=60kgの荷物が!!

近づいて見てみるとその荷物には『HEAVY」(重い)というステッカーが貼られて部屋の端っこに置かれてました。その重たい荷物を抱えて、何事も無かったかのように空港係員に「サンキュー」とだけ言って恥ずかしい気持ちで空港を後にしました。

空港からはBARTという電車に乗って先輩の家の近くまで。住所も分かってるし、最寄りの駅も間違いないから楽勝、楽勝!で、駅を出て、アメリカの大地に出てまず一歩め!!

dsc_2814

ここがアメリカ?何か想像と違うなー。ラテン系ばっかり歩いてるし、道も汚いし、なにより安全な感じがしない。

なにはともあれ、まずは先輩の家に行って荷物を下ろさないと。せっせと歩いて、かなり近い所まで来ましたが、先輩の家の番地が見つからない!!またまたオロオロモードに入って暫くした所に一人の白人のおにーさんが「大丈夫かい?」的な事を言ってくれたので「ここを探してる」的な事を言って手に持っていた住所の書いてあるメモを見せたところ、一緒に探してくれました。

10分ほど探して結局、その番地の建物は見つからなかったのですが、二人で探した結果「恐らくここだろう」という住所の番地が剥がれてなくなっている建物を発見。おそるおそる部屋番号を鳴らす、、、。返事は無い。 どうしよう。。 すると建物の奥から

「ういーーす!遅かったなー」

と、あくびをしながらヨーさんが。ここで僕の緊張の糸がプチンと切れてその場に座ってしまいました。一緒に建物を探してくれたおにーさんに「サンキュー」と述べて、無事先輩の部屋へ到着。僕のアメリカ生活一日目はこんな感じでスタートです。