Namibia #2 ナミビアNo.2

エトーシャナショナルパークを後にした我々はOpuwoの街を目指しました。
公園内のドライブを含めてOpuwoの街までの所要時間は約7時間でした。皆ぐったりして車内はイ

ビキのオーケストラです。私はただひたすら綺麗で真っ直ぐな道をひた走ります。
DSC_0202
Opuwoの街に入ってすぐにツーリストインフォメーションセンターらしき建物があります。
ここに車を止めて「フーー!長かったー!」と背伸びをしていたら、目覚めて外に出てきた3人様。すると突然キーラが「タカ!私の寝袋が無いじゃない!!」と僕に怒鳴りました。
今朝、キャンプ場を出るときに僕は自分の荷物は自分で車の上に縛ったのですが、残りの荷物は同乗していたアスワン(イスラエル人)が縛っていたのです。どうやらアスワンの縛った荷物が解けて途中で飛んで行ったらしいのですが後の祭り。キーラには申し訳ないのですが”寝袋を拾った人は喜んでるだろーなー”なんて不謹慎なことを思ってしまいました。今、ナミビアは冬ですので!
DSC_0013
この街の民族に会うのは僕の中でこの旅のハイライトだったので色々と予習しておきました。この街の近郊にはZemba(ワゼンバ) Herero(ヘレロ) Himba(ヒンバ)という三つの部族が暮らしています。そしてどうやら地元のスーパーOKというスーパーマーケットの前に居るリンダというおばちゃんが最強のツアーガイドということ。そして値段の相場など、、。
もちろんインフォメーションセンターにはそんな情報はありません。そして、観光客向けのツアーの広告が置いてあります。その値段を見るや否や皆一斉に「高い!こんな値段は払いたくない!」の大合唱です。そりゃそうですよ。僕の事前の情報の10倍近い値段が書いてありますので。僕は3人を諭すように「大丈夫だよ!いいガイド知ってるから!」と言ったのですが全く信用してません。そこで論より証拠ということでスーパーOKに向かいました。
DSC_0171
この街で一番大きなお店、スーパーOKはこの街の近くに住んでいる民族が皆、買い物に来る場所です。その民族の多様性ときたら、まるでスターウォーズで惑星タトゥーインの酒場に来たような雰囲気です。
スーパーOKの前で「リンダ知らない?」と聞くや否や「あんたガイドのリンダ探してるの?あの人がリンダのお姉さんのエリザベスよ!」すぐさま有力情報をゲット!
スーパーの目の前でお土産物を売ってるエリザベスさんを発見!彼女いわく「リンダはさっきまでいたけど、しばらく帰ってこないわ。あんたのこと伝えとくわ」と。
僕は「どうやって伝えるんや?電話もメールもないし、まだ今晩泊まる宿も決まってないのに。」と思いつつ「ま、後でまた帰ってくるか。」とその場を後にして宿探しに向かいました。
ここでまたまたキーラが「疲れた」、「早く宿決めて」、「ブーブーブー」と言ってきましたのでとりあえず良さげな宿にチェックインして会議を設けることにしました。
会議と言っても私が一言「ここで君達との旅は終わり。僕は一人の旅に戻る」と。
海外生活の長い私は彼らの性格をある程度予想してましたので暫く考えて、皆「オッケー」で終わりです。
私の私見ですが白人の方(特に一人旅してる人は自我が強い)はメンツを気にしますので親友でもないアジア人に対して「ごめんよ、仲直りしよう」なんて絶対に言わない!と読んでましたのが大当たり!これで僕のストレスは一気に解消です!!
と、そこにリンダ登場!!(右は娘さんで地元の小学校の先生)
DSC_0168

ふら〜っと近づいて来て、「あんたがタカかい?」
僕「なんでここが分かったの?」
り「この街にバックパッカーが泊まる宿は3軒しかないよ!でも一発目で当たったよ!」
僕「凄いなー!でなんで僕がタカだと?」
り「背の高い、長髪の日本人って聞いたから。」
僕「ああ、、。」
この街だったらそれだけ情報があったら僕だとわかるようです。つまり僕はここでは浮いてるんですね。
早速リンダに状況を説明。本来4人で民族ツアーに行きたかったが僕一人になったこと、明日の朝から行きたいことなど。
リンダは快くオッケーしてくれました。翌朝スーパーOKで待ち合わせです。
今晩は宿でゆっくりと、、、と思っていたらここで素晴らしい出会いが。
同じ宿に日本人の旅人グループ(5人)が宿泊してるのです。その楽しそうな幸せそうなエナジーに誘われて一緒に晩御飯を頂くことになりました。
瞬くん、心星くん、けいすけくん、なつみちゃん、熊五郎くん(本名をメモってませんでした)の5人です。下記、インスタとwebサイトです。
瞬くん @matatabi_shun  matatabi-blog.com/
DSC_0010
心星くん @yamakoeru と なつみちゃん。
DSC_0004
けいすけくん @kappakappa1988
DSC_0003
熊五郎くん
DSC_9998
心星くんと熊五郎くんはコンビで芸人活動中ということもあり笑いの絶えないグループです。
瞬くんはいつも笑顔の茶髪好青年。けいすけくんは物静かで料理が上手な関西人。なつみちゃんはこのグループをまとめるお姉さん的な存在。心星くんはツッコミ屋さんで熊五郎くんはイスラム教徒のような髭のボケ担当。ちなみに熊五郎くんはこの旅で童貞を捨てたらしいです(相手は女性ではなかったとの事。凄い内容なので割愛します)。
聞くと、旅の途中で知り合って所々で一緒に旅をしているとの事です。基本は皆さん別々で旅をしていると。それぞれが1年、2年と長期の旅をしている筋金入りのバックパッカーでした。
日本人の暖かい心と美味い鍋でナミビアの夜に乾杯しました。この日の夜は忘れられない思い出になりました。皆、ありがとう。
翌朝、僕は日本人5人を見送って、旅のメンバー3人とお別れをしてそして一人旅に戻って、晴れた気持ちでスーパーOKに向かいました。
リンダはもう待ってました。
「よし、じゃあそれぞれの村にお土産を買っていくよ!」と言ってショッピングを開始です。

IMG_5783
(一生シャワーを浴びない事で有名なHimba族の女性がNIVEAとにらめっこ)
お土産の内容は砂糖、キャンディー、小麦粉など、食品が中心になります。今回は3箇所の村を訪れますので3バック準備しました。基本リンダが選びます。そしてリンダのお菓子もシレーっと購入です。抜け目ないおばちゃんです。
村への距離は遠くないのですが道がかなり複雑です。というのも、村に行く正確な道などないのです。
IMG_5777
車で走っていたらリンダが「その木を右折!!」と指示して来ます。途中、2回ほど道を間違えました。たまに車から降りて景色を眺めて戻って来て「通り過ぎてた!」と。
DSC_0014
リンダは英語が達者でおしゃべりなのでとにかく楽しいです。そうこうしてたら最初の村、Zemba族の村に到着です。
この民族の女性は前髪に特徴があります。まるでお団子のように固めています。
DSC_0152

早速、近くで動物の臓物を料理していた男性が僕にご馳走してくれました。

何の臓物かはわかりませんでしたがお肉本来の味を楽しむスタイルですね。
この村の建物は壁を牛の糞と泥を混ぜて作ってあるとの事です。中に入るとひんやりして気持ちいいです。というのも牛の糞は日光の熱を溜めないのでコンクリートと違って建物の内部が暑くなりにくいという特徴があるとの事です。生活の知恵ですね。
DSC_0035
せっかくなので家族で集合写真。
DSC_0023
そして、やっぱり元気な子供達。
DSC_0046
次はHerero族の村です!砂漠の貴婦人ヘレロの異名を持つ方々ですね。その特徴的な帽子がトレードマークです。
DSC_0164
素敵なファッションです。
DSC_0148
ここでサプライズ!リンダの幼馴染がHerero族なので家に入れてくれると!ガイドの力量は重要です。

二度びっくりです。冷蔵庫に電子レンジ、テレビに洗濯機と。近代的な家電に囲まれているではないですか!
ここでリンダに聞いてみました。すると
「Herero族は一番最初に西洋の教育を取り入れたので他の部族に比べて近代的な生活を送っている」
「近年、ナミビアでも雨が降らなくなって来ていて、Zemba族やHimba族もどんどん街に近いところに引っ越して来ていて教育を取り入れて来ている」
「教育を取り入れるのは素晴らしいが文化が衰退して行くのは寂しい気がする」と色々な心のうちを明かしてくれた。
リンダによるナミビア民族学の講義を聴きながらHimba族の村へと向かいました。
DSC_0120
奥様方が昼下がりの会議に夢中です。
DSC_0058
こちらは独身の女性。笑顔がチャーミングですね!
DSC_0076
そしてこちらが奥様。違い分かりますか?
そうです、頭の上の飾りが違います。女性は結婚するとこのうさぎの耳のような飾りをつけるのです。
私が村に来るやいなや皆、大急ぎでお土産屋のセットに取り掛かります。それを見てリンダが「一人だからそんなに買わないわよー!」的なことを地元の言葉で笑いながら言ってます。
リンダのおかげあってこれまで一度も写真を断られません。エチオピアでは写真を取る毎に「マネーマネー」と言われていたのですが、リンダがいつも「写真もっと撮りなさいよ!」と言ってくれて、それでいてナミビアでは皆、快く撮らせてくれます。
DSC_0091
せっかく僕の為にマーケットを開いてくれたのでショッピングすることに。
DSC_0086
こちらの女の子からカバの彫り物を。
僕がビンボーバックパッカーと分かってくれたらしく皆さんすぐに井戸端会議モードになりました。
DSC_0070
それにしてもこの髪型は美しいですよね。
DSC_0085
村の中をお散歩していたら女性が牛の乳搾りを見せてくれました。
DSC_0055
とにかく子供達は元気。そして僕に付いてくる。

子供達に絡まれて「何か書け書け!!」と言って来るので、、村の入り口に。
DSC_0124
そしてその横で決めポーズという不思議な世界観の写真です。
手前の子に至っては木をかじってます。平和な村です。
村を後にしてリンダと車で走っていたらHimba族の列が見えて来ました。リンダに何事か尋ねると「月に一度の政府から補助金が支給される日だから並んでるのよ」
ここでもリンダパワーで写真を撮らせてくれました。
DSC_0132
この綺麗な女性と何やらリンダが会話してまして、で、突然リンダが腹を抱えて大爆笑!!!
僕が「何、何?どうしたの?」
リンダ「この右の女性が「この日本人の男性は牛を何頭持っているの?」って聞いて来たのよ〜!」
僕「なんでそれが面白いの?」
リンダ「女性が男性に牛の数を聞くということはその男の財産を聞いてる訳、つまり牛の数によってはあなたと結婚してもいいって事よ〜!」
僕「でも、その女性既婚者じゃない?」
リンダ「第二夫人としてもオッケーよー!ここは一夫多妻が普通よ〜!」「どうする?」
僕「残念ながら牛は持っていません」
リンダ「アーハハハハハ!!!」
という珍事件が発生、綺麗な方々なのでもう一枚。
DSC_0127
笑いそのまま出発地のスーパーOKへと向かいました。
途中、リンダの孫が学校への提出書類を忘れたとの事で地元の小学校に立ち寄り家族写真。小学校見学も突然ツアーに加わる事態。
DSC_0170
そして、無事に民族ツアーが終了。リンダにお礼を言って「他の日本人にも私を勧めときなさいよー!」と言われて笑顔で返事。ツアーが終わり大満足の中スーパーOKで今後の食料の調達をしていると、突然後ろから「タカー!!」と、
DSC_0175
そこにはHimba族の女性が。どうやら先ほど村を訪ねた際にお会いした女性です。しかもあの短時間の滞在で僕の名前を覚えてくれていたんです。
この出来事に僕はすっかり気分を良くして、彼女たちにプレゼントをする事にしました。
というのも、今後僕はこのナミビアの旅でキャンプをする予定がなくなりました(3人と別れたので宿に泊まることに決めた)ので寝袋と毛布が必要なくなってしまったのです。どちらも使用したのは一回きり、しかも購入時の袋に綺麗に納めてましたのでギフトにはもってこいです。そこで、
僕「ちょっと駐車場まで付いて来てよ!渡したいものがあるから」
彼女達「いいわよー!何かいいものクレるの〜?」
車についてトランクを開けて寝袋と毛布を取り出して
僕「はい、これ、あげる」
彼女達「・・・・・」
僕「・・・・・」
彼女達「・・・・・ギヤーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!」
「本当に?本当に?本当に?」「これってN$500くらいするわよ!!!」
ここで彼女が言った値段はズバリ正解の僕が払った金額。そこで
僕「その代わり写真撮らせてくれる?」
彼女達「メニーメニーピクチャーオッケーーーー❤️」
DSC_0176
とりあえず毛布と寝袋を横に置いての撮影でしたが、サプライズギフトで笑みが止まりません。

終いには嬉しさあまり涙ぐんでしまいました。(ちなみに左の女性が上の既婚女性の例の写真の彼女です)
こんなに喜んでくれて、僕のOpuwoの街の最終日を笑顔で終わらせてくれた彼女達に感謝です。
さらに気分を良くした僕はこの街で一番高いレストランでTボーンステーキを食べて次の目的地へと向かいました。味ですか?想像にお任せします。
IMG_5802
ありがとうZemba,Herero,Himba そしてリンダ。
DSC_0213

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です