Zanzibar Tanzania#2 タンザニア ザンジバル島 No.2

ザンジバル島に着いた翌日からは早速現地の情報収集に取り掛かりました。と言っても地元の人に話しかけるだけですが。


IMG_5446
まず仲良くなった地元の高校生。彼らにザンジバルの地元民情報をいただきました。
ザンジバルでは月に$800〜$1000くらいの収入が平均ではないか、そして家賃は$100〜$200だけど家族で暮らしている人が多いので一人の負担は低いとのこと。シーフードは高いので地元の方は外食でシーフードを食べることは滅多にない。東海岸に行った方が海が綺麗、などなど。
街中を歩いてると子供達が溜まっている店を見つけたので店内に入ってみると皆、ゲームに夢中でした。子供のテレビゲーム好きは万国共通のようですね。
一方海辺ではアウトドア派の子供達が釣りを楽しんでます。釣った魚は晩御飯になったり売って小遣いにしたりしてるようです。

ザンジバルに来てすこぶる暇な僕は子供達と一緒に釣りをする為、釣具屋へと向かいました。
IMG_5506

ここで釣り糸と錘と釣針をゲットです(トータルで$1.5−)。もちろん竿はありません。
素人の僕にかかってくれる魚はいるはずもなくあえなく撃沈です。しかしこの後、暇になったら海に行って釣り糸を垂らす生活を送りました。
しばらく街を散策しているとなにやら面白そうな店を見つけました。
その名も”The Coins Shop”。
DSC_9239 (1)

各国の通貨をくり抜いてかっこ良くしてくれるお店です。
DSC_9237
アラビア文字のコインはとても美しいですね。ここで日本の50円と5円のコインをくり抜いて作ってもらうことにしました。5円はまだ作ったことが無いとの事だったので、くり抜くデザインを紙に描いて細かく指示しました。どちらのコインもお店が在庫で持っていたので翌日には出来るとのことです。楽しみです。
この後、特にすることがなくなったのでバスに乗り東海岸を目指すことにしました。とりあえずパジェという町を目指します。というのもこの町で日本食が食べれるからです!
まずはバスターミナルへ。
DSC_9258 (1)
こバスターミナルが面白いことに日本からの払い下げ中古バスだらけです。少年野球チームの名前が入ったバスや幼稚園の名前入りのバスが普通に使われているのを見ると何だか嬉しい気分になります。
これから1時間かけて東の町、パジェを目指します。
道はもちろんワイルドそのものです。
DSC_9264 (1)
先週雨が降ったとの事で川の水がえらいことになってます。
こんな道を走った後に待っているパジェの町のビーチはもう天国です。
DSC_9283 (1)
今までのどんなビーチより綺麗でした。男一人で誰もいない南の島のビーチです。

DSC_9308 (1)
ただひたすら波の音をBGMにくつろぎます。
その後、日本食を出してくれるという宿に行って冷やし中華を頂きました。残念ながら日本人のオーナーさんは日本に帰省中で現地人のスタッフが作ってくれました。オーシャンビューの冷やし中華はこれまたよかったです。

うまい飯も食って、綺麗なビーチを満喫したのでそろそろ家路につきます。
つうことでバスターミナルに向かって歩き始めるとなにやら足に違和感が、、、。
10年以上愛用しているサンダルの底が剥がれてしまいました。「これじゃ歩けんなー」と参っていた所に地元の兄ちゃんが「修理したろか?」と。
今後の旅の為にもここで修理しときたいなと思ったので「頼むよ!」と行ったら「ついてこい」と言って道をどんどん歩き始めました。暫くついていくと地元の集落へと着きました。
DSC_9342 (1)

ここで兄ちゃんは小さなお店に行ってナイロンの紐をゲットしてからお手製のツールを使いながら修理が開始しました。
DSC_9347 (1)
慣れた手付きで僕のサンダルをどんどん縫っていきます。その横で他の兄ちゃんが僕にココナツを勧めて来ます。
DSC_9351
見た目は胡散臭いのですがいい兄ちゃんたちです。
ものの40分くらいで両方ぐるり一周縫ってくれました。しめて$8を兄ちゃんに渡してみんなハッピーです。出来れば黒い糸で縫って欲しかったのですが、、。
IMG_5516

帰りもなかなかな景色を見ながらバスに揺られます。
DSC_9357

その夜は地元のおっさんに聞いたイカとタコとエビを焼いてくれる屋台に行って晩飯をゲットしました。しめて$2のつまみです。
DSC_9384 (1)
このおっちゃんのイカタコは絶品でこの後、毎晩通いました。ただ、このおっちゃんは8時以降にしかやってこないので僕はいつも早く行き過ぎて近くで待ってました。
待ってる間にフルーツをタダでくれた兄ちゃんの屋台にお礼に落書きしました。
DSC_9421 (1)
ザンジバルは本当に良い所です。皆さん沈没に注意しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です