Senegal  セネガル

ナミビアでの民族巡りおよびサファリを満足した後に次に僕が目指したのはセネガルの首都ダカールです。

この旅の途中で「ガーナも行きたいしナイジェリアもいいなー!」などと色々と思いを募らせていたのですが、思いの外、西アフリカ諸国は日本人に対してアライバルビザを発行してくれない事実にぶつかりました。私の今回の旅は2ヶ月限定ですので隣国の大使館に行ってビザのアプライをして、そんでもって2〜3日待たされて、、なんて悠長な事はしてられません。となると、私が今回行けるのは飛行機や陸路で到着してすぐにビザを発給してくれる国になります。そこでセネガル登場です。バイク好きの私にはダカールはかの有名なダカール・ラリーの終着点である事は大きな意味を持ちます。

そして調べているうちにわかったのが、ダカールに「和心」という日本人の方が経営されている高評価な宿があるのです。どのサイトを見ても「和心のご飯は最高!!」とあるのでこれはもう行くしか無いです。

善は急げという事で翌日のダカール行きのチケットを取ってすぐに向かいました。ナミビアのウインドホークからヨハネスブルグ経由でダカール行きとなりました。

途中のヨハネスブルグのトランジットの際にカッコいいシャツのお店を見つけたので入ってみると、あのネルソン・マンデラ氏のシャツを作っていたというメーカーのお店を発見。衝動買いです。

髪型の綺麗な店員のお姉さんに選んでもらいました。

DSC_0215

ダカールの空港に着いてから気付いたのですが「暑い、そして英語喋ってる人がいない、、。」そうです、ここはフランス語圏です。

言葉が通じない事によって空港から突然、宿行きのアドベンチャーが始まりました。

まずはお金です。ここの通貨はセーファというのですがどこでゲット出来るのやら。まずは空港のATMでトライするも表示が全てフランス語。全く分からん。誰かヘルプがいるなーと思って銃を持ってた軍人らしき人を捕まえて、彼を連れて来て別のATMで再びトライ。彼がわずかにスペイン語が分かってどうにかキャッシュをゲット!

そしてタクシーへ。皆さんご存知の通りアフリカ諸国のタクシーはボッタクリが凄いです。そこで他の軍人を捕まえて相場を聞いてみるも「タクシーに乗らんので分からん」的な事を言っている。すると横にいた軍人の友達(おそらく仕事がOFFだった軍人)が「俺の知り合いに聞いてやる!」と言って何やら携帯で電話し始めました。電話が終わると「知り合いのタクシーの運転手が4000で連れて行ってやるってさ!」と。タクシー乗り場のおっさん達は25000セーファと言っていたのでこれは恐らくローカルの相場だな。と思い「よっしゃ!頼むわ!」。

10分くらいしてからボロボロのタクシーが到着。実の所、到着日に和心に行きたかったのだが空港に着いたのが深夜1時過ぎなので初日は24時間チェックインが出来る別の宿を一泊だけ予約していた。その宿は空港から30分くらいの場所である。といあえずタクシーに飛び乗って場所を伝えていざ出発。

目的地の宿は住宅地の中で見つけにくかった。どうにか探してタクシーを降りると運転手が「20000セーファだ」と。おいおい、「4000だと決めたじゃ無いか。」

運ちゃん「20000払え。」

僕「お前の友達も4000だと言っただろ」

運ちゃん「うるさい。20000出せ。」

と、押し問答になりました。かなりうっとおしいので5000だけ払ってホテルの中に行きました。「やっぱアフリカのタクシーは信用ならんなー」と思いさっさと寝ることにしました。

翌朝ホテルを出るとなんとタクシーの運ちゃんはまだそこにいてさらにストリートチルドレンらしきコジキが5〜6人一緒にいるでは無いですか!!僕を見つけるや否やいきなり襲ってきました。全員で僕の財布や荷物を奪おうとしてきたので大声で叫びました!すると近隣の住民が何やら集まってきたので彼らもバツが悪くなり少し大人しくなりました。

するとそこに英語が話せるおっさんが登場して「おい!お前ら!彼から盗んだ物を返せ!」と言って奪い返してくれました。その後、このおっさんを介して状況を説明したのですが、「ここの警察に行っても多分何の解決もしてくれんだろう」と言う事と「あまりに危ないキッズ(コジキ)がいるので安全をお金で買った方がいいだろう」といことになり追加で10000払って追い払うことにしました。

怪我させられて金もあげて散々なセネガルスタートです。色々な国を旅してきましたが強盗の経験は初めてでした。今後の教訓となりました。

改めて和心を目指す事に。「一気に長距離をタクシーで行くと高くつくから街から街を少額で乗り継いだら安くなる。」とおっさんが教えてくれたのでまずは1500セーファくらいの距離で移動することに。

移動の途中、怪我をしてる僕を見て「どうしたんだ?」と聞いてくるタクシーの運ちゃんがいたので説明をすると「悪かったなー」と言ってディスカウントしてくれた人もいました。何か悪いことが起こるとその国が嫌になるかもしれませんが、こうやって優しい人に出会うと「悪いやつは少数派何だなー」と考えさせられます。

セネガルのタクシーには何故か尻尾がついています。

DSC_0219

街から街へと移動する際のタクシー乗り換え拠点はこんな感じの市場になってる所です。

DSC_0220

ローカルの乗合バス。乗り方が分からないので断念。

DSC_0296

3〜4回の乗り継ぎで和心に到着しました。噂通りの素敵なオーナーさんにお出迎えして頂きました。原田さんファミリーが経営されている和心はワッカム地区にあり非常に静かな地区です。付近に危ない感じもなく即座に「ここで沈没決定だな〜」と感じました。

DSC_0264

何が良いかと言うとまずご飯がむちゃくちゃ美味いのです。ザ・和食が食べれると言うだけでナミビアから来た甲斐があります。

初日の晩御飯のチキン南蛮。ここがアフリカであることを忘れます。

DSC_0253

そして、原田さん家族のオーラが良い為か、この宿でインターンをしている若い子たちのオーラも素晴らしいのです。皆、ピースでポジティブなバイブスを出していて気持ちの良い時間を共有してくれます。

DSC_0239

まずは”大ちゃん”こと大地くん!原田さんご夫妻の息子さん。この宿のマスコットキャラクターですね。とにかく元気で人懐っこくてハイパーです!

DSC_0399

ご家族で一枚。お二人ともセネガルの生地で作られたファッションアイテムご愛用でとても素敵ですね!原田さんと奥さんのちゃこさん。

DSC_0278

ラムちゃんとコーショウくん。ラムちゃんは和心でインターンをした後にフランスに行かれました笑顔の可愛い関西ガール。若くして世界中を渡り歩いてて羨ましいです。コーショウくんはファッションの勉強をされてて、ここセネガルで服をデザイン、制作して売り出したいとおっしゃってました。彼のファッションセンスを見て、そのレベルの高さから必ず達成できると信じております。

あと、僕が個人的に非常にお世話になったのがよっちゃんです。

DSC_0328

えくぼの可愛い彼女はフランス語が話せるので何かとお手伝いをして頂きました。と言うのも、僕にはここセネガルで大きなミッションがあったのです。

アフリカ大陸に着いて以来、探し続けていたのですが結局見つからなかったアフリカのビンテージレコードです。

僕は趣味でレコードを聴くのですがアフリカのレコードはカリフォルニアではほとんど見ることがありません。あってもドイツやフランスのレーベルが再発したものでオリジナルの音源じゃなかったり加工が加えられた物があるのみです。「アフリカでこそオリジナルのレコードを!」とは思っていたものの、エチオピア、ケニア、タンザニアなどで探してみましたがなかなか見つかりませんでした(首都で時間を過ごしていないので地方都市ばかりだったのですが)。よって、ここで見つからないともう無理!という事で、よっちゃんに通訳をお願いして丸2日かけてレコード探索に付き合って頂きました。

まずはダカールの繁華街マルシェ・サンダガに行って情報収集です。電気部品などを売っている地区に行ってよっちゃんが聞いて回ってます。

すると一人のガンジーみたいな見た目のおっちゃんが「何?レコードを探してるのか?売ってるやつを知ってるぞ!ついてこい!」というのでこのおっちゃんについて行きました。すると電気街の片隅の外にガラクタとガラクタレコードを売ってる店に連れて来てくれました。

この店(と言っても路上にパラソルを置いて商品を陳列してるだけ)は数十枚のレコードを持っていたのですがほとんどがアメリカのレコード(マイケルジャクソン、マライアなど)、アフリカンはほとんど無く状態もよくないので2枚だけ購入する事になりました。

DSC_0304

もう一度このガンジーおっちゃんにちゃんと「僕が欲しいのは昔のアフリカのレコードでアメリカのじゃない!」と説明すると今度はその横に偶然立っていたラスタな兄ちゃんが「俺の友達に持ってる奴がいるぞ!」と言い出したので今度は4人で別の店へ。

しかし、残念ながらCDしかなくあえなく沈没。すると今度はガンジーが「そーいえば別の市場にレコードを売ってる奴がいた気がする」と言い出したので次はタクシーを捕まえて僕とよっちゃんとガンジーとラスタの4人で別の市場へ!その市場に着くや否やガンジーが「待ってろ!」と言って姿を消しました。

右の二人がラスタとガンジー。タクシーに乗るところ。

DSC_0302

僕とよっちゃんは「大丈夫かなー?」と言って待ってる間、ラスタもウロウロとしてます。

しばらくしてガンジーが帰って来て「お店はあるんだけど今日は閉めてるらしい、でもオーナーの電話番号がわかったから電話して見る!」と言っておもむろに電話し始めました。

何やらガンジーが電話で話してから、僕らに「レコード屋のオーナーの家に行くぞ!」と言ってタクシーを止めました。このあたりで僕とよっちゃんは「胡散臭そうだなー!」と言ってましたが、ここまで来たのでもう行くしかない!という事でタクシーに乗って4人でオーナーの家に向かいます。

見た事もないロータリー付近でタクシーを降りてキョロキョロしてると、一人の男性が近づいて来ます。そしてガンジーと話し始めました。どうやら彼がレコード屋のオーナーです。オーナーに連れられて皆で彼の家に向かって歩き始めました。

そこは一軒家で中にお邪魔して、ある部屋に通されてびっくり!

DSC_0308

なんと、部屋中ビンテージアフリカンレコードです。

オーナーのおっさんは「どんなの探してるんだ?」と僕に聞いて来たので、僕は「あまり激しすぎない1980年代のダンス」と伝えるとおもむろにレコードをピックアップし始めました。

まさかまさかの大どんでん返しに僕はもう有頂天です。よっちゃんには悪かったですがしばらく僕とオーナーのレコード談義が始まってしまいあっという間に数時間です。

DSC_0310

欲しいレコードを数十枚ピックアップして「さあ、値段だ」。

とここでオーナーが「最近はフランスやドイツから買いに来る奴も多いから安くは売らんぞ!」と釘をさして来ました。

「じゃ、一枚いくらなの?」と聞くと、

オーナー「1枚$30だ。」

僕「ぬあーーーーにーー!!!一枚$30だと!!アメリカで新品買うより高いじゃねーーか!」

オーナー「じゃ諦めろ。俺のレコードは全てオリジナルの初版だから価値があるんだよ」

僕「クーーーー!足元を見やがって!!!どのレコードも砂まみれじゃねーか!!」

実際に割れてる物もあるし中から砂が出てくる物も山ほどあります。

すかさずよっちゃんに相談、そしてよっちゃんがガンジーとラスタに相談。

するとガンジーとラスタが突然怒った口調で「何だとおおおおお!!!$30だとおおお!!」

それもそのはず。昼飯が$1足らずで食べれるこの国でレコード一枚で$30なんて言うと普通の人なら当然ボッタクってると思います。

オーナー「だから、お前らは知らんだろうがこのレコードは貴重なの!!だから高いの!」

ガンジー「恥を知れーーー!外国人だからと言って無茶にも程が有る!!!」

と、気が付いたらオーナーVSガンジーの交渉になっていました。

こんな感じで交渉が約1時間程続きました。

本当は50枚以上欲しかったのですが、思った以上にオーナーが値引きしてくれず25枚ほどに絞って購入する事になりました。

交渉成立の記念にオーナー(左)をパチリ!で右が値段に納得していないガンジーとノリノリのラスタとよっちゃん。

帰りがけにもガンジーは「高すぎる。ケチすぎる。」とブツブツ言ってました。

しかし、他人の買い物の為に数時間も時間を使ってくれて、交渉までしてくれて、セネガルの優しい方々に触れれて本当によかったです。彼らにランチをご馳走してお礼を言いました。ガンジーは律儀な人で「ランチご馳走様でした。」と最後にお礼まで言ってくれました(一人$1位です)。

ちなみにガンジーの本名はルル、ラスタの本名はアバースです。

帰りにお礼によっちゃんとスイーツを食べに行ってレコード探しは終了です!

後日からは和心近くをウロウロと物色しました。

暑いせいかどこのお店もドアを開けていて中が丸見えです。なので一声かけて写真を撮りまくりです。

DSC_0349

職人の工場。

DSC_0345

同じく職人さん。

DSC_0343

床屋さんの看板は何故かどこも同じ。横からのイラスト。

DSC_0340

アフリカでホンダの”アフリカツイン”をメンテナンスしていたバイク屋さん。

僕のドリームバイクの一つです。本当にアフリカを走れるんだなー!

DSC_0369

ここはよっちゃんと一緒に行ったお面市場。正直不気味なところでした。

DSC_0371

「アフリカのお面が欲しい!」と変な一面を持つお年頃ガールよっちゃん。市場ではご満悦でした。

DSC_0327

そして生地屋さん。僕も嫁さんのお土産に大量の生地を購入しました。

DSC_0321

生地市場に行けばこの通り。

セネガルは滞在の出だしこそ痛い目に会いましたが和心のおかげでアフリカの中でも最も思い出深い滞在になりました。もっと沢山の方々に和心で出会いましたが写真を撮っていなかったので画像のある方のみ紹介させて頂きました!

和心の共同オーナーの笑顔の絶えない小林さん、フランスの大学で勉強中でトランプが滅法強いジュンペイくん、今時な日本の若者スタイルを教えてくれたヒデキくん、みんな素敵な方々です。改めてありがとう!

 

DSC_0238

Namibia #2 ナミビアNo.2

エトーシャナショナルパークを後にした我々はOpuwoの街を目指しました。

公園内のドライブを含めてOpuwoの街までの所要時間は約7時間でした。皆ぐったりして車内はイビキのオーケストラです。私はただひたすら綺麗で真っ直ぐな道をひた走ります。

DSC_0202

Opuwoの街に入ってすぐにツーリストインフォメーションセンターらしき建物があります。

ここに車を止めて「フーー!長かったー!」と背伸びをしていたら、目覚めて外に出てきた3人様。すると突然キーラが「タカ!私の寝袋が無いじゃない!!」と僕に怒鳴りました。

今朝、キャンプ場を出るときに僕は自分の荷物は自分で車の上に縛ったのですが、残りの荷物は同乗していたアスワン(イスラエル人)が縛っていたのです。どうやらアスワンの縛った荷物が解けて途中で飛んで行ったらしいのですが後の祭り。キーラには申し訳ないのですが”寝袋を拾った人は喜んでるだろーなー”なんて不謹慎なことを思ってしまいました。今、ナミビアは冬ですので!

DSC_0013

この街の民族に会うのは僕の中でこの旅のハイライトだったので色々と予習しておきました。この街の近郊にはZemba(ワゼンバ) Herero(ヘレロ) Himba(ヒンバ)という三つの部族が暮らしています。そしてどうやら地元のスーパーOKというスーパーマーケットの前に居るリンダというおばちゃんが最強のツアーガイドということ。そして値段の相場など、、。

もちろんインフォメーションセンターにはそんな情報はありません。そして、観光客向けのツアーの広告が置いてあります。その値段を見るや否や皆一斉に「高い!こんな値段は払いたくない!」の大合唱です。そりゃそうですよ。僕の事前の情報の10倍近い値段が書いてありますので。僕は3人を諭すように「大丈夫だよ!いいガイド知ってるから!」と言ったのですが全く信用してません。そこで論より証拠ということでスーパーOKに向かいました。

DSC_0171

この街で一番大きなお店、スーパーOKはこの街の近くに住んでいる民族が皆、買い物に来る場所です。その民族の多様性ときたら、まるでスターウォーズで惑星タトゥーインの酒場に来たような雰囲気です。

スーパーOKの前で「リンダ知らない?」と聞くや否や「あんたガイドのリンダ探してるの?あの人がリンダのお姉さんのエリザベスよ!」すぐさま有力情報をゲット!

スーパーの目の前でお土産物を売ってるエリザベスさんを発見!彼女いわく「リンダはさっきまでいたけど、しばらく帰ってこないわ。あんたのこと伝えとくわ」と。

僕は「どうやって伝えるんや?電話もメールもないし、まだ今晩泊まる宿も決まってないのに。」と思いつつ「ま、後でまた帰ってくるか。」とその場を後にして宿探しに向かいました。

ここでまたまたキーラが「疲れた」、「早く宿決めて」、「ブーブーブー」と言ってきましたのでとりあえず良さげな宿にチェックインして会議を設けることにしました。

会議と言っても私が一言「ここで君達との旅は終わり。僕は一人の旅に戻る」と。

海外生活の長い私は彼らの性格をある程度予想してましたので暫く考えて、皆「オッケー」で終わりです。

私の私見ですが白人の方(特に一人旅してる人は自我が強い)はメンツを気にしますので親友でもないアジア人に対して「ごめんよ、仲直りしよう」なんて絶対に言わない!と読んでましたのが大当たり!これで僕のストレスは一気に解消です!!

と、そこにリンダ登場!!(右は娘さんで地元の小学校の先生)

DSC_0168

 

ふら〜っと近づいて来て、「あんたがタカかい?」

僕「なんでここが分かったの?」

り「この街にバックパッカーが泊まる宿は3軒しかないよ!でも一発目で当たったよ!」

僕「凄いなー!でなんで僕がタカだと?」

り「背の高い、長髪の日本人って聞いたから。」

僕「ああ、、。」

この街だったらそれだけ情報があったら僕だとわかるようです。つまり僕はここでは浮いてるんですね。

早速リンダに状況を説明。本来4人で民族ツアーに行きたかったが僕一人になったこと、明日の朝から行きたいことなど。

リンダは快くオッケーしてくれました。翌朝スーパーOKで待ち合わせです。

今晩は宿でゆっくりと、、、と思っていたらここで素晴らしい出会いが。

同じ宿に日本人の旅人グループ(5人)が宿泊してるのです。その楽しそうな幸せそうなエナジーに誘われて一緒に晩御飯を頂くことになりました。

瞬くん、心星くん、けいすけくん、なつみちゃん、熊五郎くん(本名をメモってませんでした)の5人です。下記、インスタとwebサイトです。

瞬くん @matatabi_shun  matatabi-blog.com/

DSC_0010

心星くん @yamakoeru と なつみちゃん。

DSC_0004

けいすけくん @kappakappa1988

DSC_0003

熊五郎くん

DSC_9998

心星くんと熊五郎くんはコンビで芸人活動中ということもあり笑いの絶えないグループです。

瞬くんはいつも笑顔の茶髪好青年。けいすけくんは物静かで料理が上手な関西人。なつみちゃんはこのグループをまとめるお姉さん的な存在。心星くんはツッコミ屋さんで熊五郎くんはイスラム教徒のような髭のボケ担当。ちなみに熊五郎くんはこの旅で童貞を捨てたらしいです(相手は女性ではなかったとの事。凄い内容なので割愛します)。

聞くと、旅の途中で知り合って所々で一緒に旅をしているとの事です。基本は皆さん別々で旅をしていると。それぞれが1年、2年と長期の旅をしている筋金入りのバックパッカーでした。

日本人の暖かい心と美味い鍋でナミビアの夜に乾杯しました。この日の夜は忘れられない思い出になりました。皆、ありがとう。

翌朝、僕は日本人5人を見送って、旅のメンバー3人とお別れをしてそして一人旅に戻って、晴れた気持ちでスーパーOKに向かいました。

リンダはもう待ってました。

「よし、じゃあそれぞれの村にお土産を買っていくよ!」と言ってショッピングを開始です。

 

IMG_5783

(一生シャワーを浴びない事で有名なHimba族の女性がNIVEAとにらめっこ)

お土産の内容は砂糖、キャンディー、小麦粉など、食品が中心になります。今回は3箇所の村を訪れますので3バック準備しました。基本リンダが選びます。そしてリンダのお菓子もシレーっと購入です。抜け目ないおばちゃんです。

村への距離は遠くないのですが道がかなり複雑です。というのも、村に行く正確な道などないのです。

IMG_5777

車で走っていたらリンダが「その木を右折!!」と指示して来ます。途中、2回ほど道を間違えました。たまに車から降りて景色を眺めて戻って来て「通り過ぎてた!」と。

DSC_0014

リンダは英語が達者でおしゃべりなのでとにかく楽しいです。そうこうしてたら最初の村、Zemba族の村に到着です。

この民族の女性は前髪に特徴があります。まるでお団子のように固めています。

DSC_0152

 

早速、近くで動物の臓物を料理していた男性が僕にご馳走してくれました。

 

何の臓物かはわかりませんでしたがお肉本来の味を楽しむスタイルですね。

この村の建物は壁を牛の糞と泥を混ぜて作ってあるとの事です。中に入るとひんやりして気持ちいいです。というのも牛の糞は日光の熱を溜めないのでコンクリートと違って建物の内部が暑くなりにくいという特徴があるとの事です。生活の知恵ですね。

DSC_0035

せっかくなので家族で集合写真。

DSC_0023

そして、やっぱり元気な子供達。

DSC_0046

次はHerero族の村です!砂漠の貴婦人ヘレロの異名を持つ方々ですね。その特徴的な帽子がトレードマークです。

DSC_0164

素敵なファッションです。

DSC_0148

ここでサプライズ!リンダの幼馴染がHerero族なので家に入れてくれると!ガイドの力量は重要です。

 

二度びっくりです。冷蔵庫に電子レンジ、テレビに洗濯機と。近代的な家電に囲まれているではないですか!

ここでリンダに聞いてみました。すると

「Herero族は一番最初に西洋の教育を取り入れたので他の部族に比べて近代的な生活を送っている」

「近年、ナミビアでも雨が降らなくなって来ていて、Zemba族やHimba族もどんどん街に近いところに引っ越して来ていて教育を取り入れて来ている」

「教育を取り入れるのは素晴らしいが文化が衰退して行くのは寂しい気がする」と色々な心のうちを明かしてくれた。

リンダによるナミビア民族学の講義を聴きながらHimba族の村へと向かいました。

DSC_0120

奥様方が昼下がりの会議に夢中です。

DSC_0058

こちらは独身の女性。笑顔がチャーミングですね!

DSC_0076

そしてこちらが奥様。違い分かりますか?

そうです、頭の上の飾りが違います。女性は結婚するとこのうさぎの耳のような飾りをつけるのです。

私が村に来るやいなや皆、大急ぎでお土産屋のセットに取り掛かります。それを見てリンダが「一人だからそんなに買わないわよー!」的なことを地元の言葉で笑いながら言ってます。

リンダのおかげあってこれまで一度も写真を断られません。エチオピアでは写真を取る毎に「マネーマネー」と言われていたのですが、リンダがいつも「写真もっと撮りなさいよ!」と言ってくれて、それでいてナミビアでは皆、快く撮らせてくれます。

DSC_0091

せっかく僕の為にマーケットを開いてくれたのでショッピングすることに。

DSC_0086

こちらの女の子からカバの彫り物を。

僕がビンボーバックパッカーと分かってくれたらしく皆さんすぐに井戸端会議モードになりました。

DSC_0070

それにしてもこの髪型は美しいですよね。

DSC_0085

村の中をお散歩していたら女性が牛の乳搾りを見せてくれました。

DSC_0055

とにかく子供達は元気。そして僕に付いてくる。

子供達に絡まれて「何か書け書け!!」と言って来るので、、村の入り口に。

DSC_0124

そしてその横で決めポーズという不思議な世界観の写真です。

手前の子に至っては木をかじってます。平和な村です。

村を後にしてリンダと車で走っていたらHimba族の列が見えて来ました。リンダに何事か尋ねると「月に一度の政府から補助金が支給される日だから並んでるのよ」

ここでもリンダパワーで写真を撮らせてくれました。

DSC_0132

この綺麗な女性と何やらリンダが会話してまして、で、突然リンダが腹を抱えて大爆笑!!!

僕が「何、何?どうしたの?」

リンダ「この右の女性が「この日本人の男性は牛を何頭持っているの?」って聞いて来たのよ〜!」

僕「なんでそれが面白いの?」

リンダ「女性が男性に牛の数を聞くということはその男の財産を聞いてる訳、つまり牛の数によってはあなたと結婚してもいいって事よ〜!」

僕「でも、その女性既婚者じゃない?」

リンダ「第二夫人としてもオッケーよー!ここは一夫多妻が普通よ〜!」「どうする?」

僕「残念ながら牛は持っていません」

リンダ「アーハハハハハ!!!」

という珍事件が発生、綺麗な方々なのでもう一枚。

DSC_0127

笑いそのまま出発地のスーパーOKへと向かいました。

途中、リンダの孫が学校への提出書類を忘れたとの事で地元の小学校に立ち寄り家族写真。小学校見学も突然ツアーに加わる事態。

DSC_0170

そして、無事に民族ツアーが終了。リンダにお礼を言って「他の日本人にも私を勧めときなさいよー!」と言われて笑顔で返事。ツアーが終わり大満足の中スーパーOKで今後の食料の調達をしていると、突然後ろから「タカー!!」と、

DSC_0175

そこにはHimba族の女性が。どうやら先ほど村を訪ねた際にお会いした女性です。しかもあの短時間の滞在で僕の名前を覚えてくれていたんです。

この出来事に僕はすっかり気分を良くして、彼女たちにプレゼントをする事にしました。

というのも、今後僕はこのナミビアの旅でキャンプをする予定がなくなりました(3人と別れたので宿に泊まることに決めた)ので寝袋と毛布が必要なくなってしまったのです。どちらも使用したのは一回きり、しかも購入時の袋に綺麗に納めてましたのでギフトにはもってこいです。そこで、

僕「ちょっと駐車場まで付いて来てよ!渡したいものがあるから」

彼女達「いいわよー!何かいいものクレるの〜?」

車についてトランクを開けて寝袋と毛布を取り出して

僕「はい、これ、あげる」

彼女達「・・・・・」

僕「・・・・・」

彼女達「・・・・・ギヤーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!」

「本当に?本当に?本当に?」「これってN$500くらいするわよ!!!」

ここで彼女が言った値段はズバリ正解の僕が払った金額。そこで

僕「その代わり写真撮らせてくれる?」

彼女達「メニーメニーピクチャーオッケーーーー❤️」

DSC_0176

とりあえず毛布と寝袋を横に置いての撮影でしたが、サプライズギフトで笑みが止まりません。

終いには嬉しさあまり涙ぐんでしまいました。(ちなみに左の女性が上の既婚女性の例の写真の彼女です)

こんなに喜んでくれて、僕のOpuwoの街の最終日を笑顔で終わらせてくれた彼女達に感謝です。

さらに気分を良くした僕はこの街で一番高いレストランでTボーンステーキを食べて次の目的地へと向かいました。味ですか?想像にお任せします。

IMG_5802

ありがとうZemba,Herero,Himba そしてリンダ。

DSC_0213

 

Taos Pueblo in New Mexico タオス プエブロ ニューメキシコ州

img_0081New Mexico is one of my favorite place to visit. Santa fe is not only very artistic city but also there is many charming houses. But it is far place to visit from San francisco.

We spent 4 days to get there. Everyday ride a bike more than 8 hours. We like enjoying local street sometimes. We might miss many beautiful local monuments or events if we only drive on interstate. We love slow travel.

 

 

 

I think Many American states have each nature color.img_0080

For example

California: Dry Grass Green

Arizona: Red

Nevada: Black

Utah: Orange

Colorado: Green

And New Mexico is Sand Yellow.

img_0161

 

Summer bike travel have some benefits. This is one of them. Easy to dry your cloths.

 

 

 

 

 

img_0149There is a small village call “Chimayo” in New Mexico between Santa fe and Taos. The village have two Native American family own waving shops. “ORTEGA” and “CENTINELA”.

ORTEGA is very traditional  waving shop. They strictly make Native American old school design items.

CENTINELA also old school design but they put some new idea on their arts. This time I wanted to custom order my original design vest so I went to CENTINELA.

 

There is many beautiful art pieces in the shop. They also have many color samples.I pick up beautiful hand dye natural indigo.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Natural indigo 

Taos pueblo is a housing complex. Yes, native Americans are still living in this building. There are some mismatching colorful doors on the building as you can see in the picture below. Some of the rooms are modified as shops for visitors.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Taos pueblo

We also stop by at 2nd mesa in Arizona. Where the small Hopi village is. One of very kind Hopi family invited us to their house. The house was build with concrete blocks, no windows, no doors and very hot inside. Hopi Grandma was waving beautiful basket by hand in the house. Hopi guy explained us about Hopi Kachina dolls.Their smile were the best ever.

img_0165

 

Unreadable Hopi shop sign.

img_0170

 

Portland Oregon, ポートランド オレゴン州

カリフォルニアから近いようで遠い場所、それがポートランドです。日本ではオシャレな場所の代名詞的な場所だと思いますが、個人的には多くのクラフトマンが住む”メイド イン アメリカ”の聖地の一つだと思います。そんな事で今回もドライブでポートランドへ。

サンフランシスコからオレゴン州に入るまでに8時間くらい、そこからポートランドまで3時間くらいまでの道のりです。その途中に、マウントシャスタ(クリスタルガイザーの産地)で散歩したり、アシュランド(ピッピーな町)で食事したりするので時間は遅れるばかりです。実際は途中でキャンプもして2日くらいかけてポートランドに到着です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

まずは「ストンプタウンコーヒー」で休憩。今、一番美味しいと噂のコーヒー屋です。

dp2m0061ストンプタウンコーヒーはこれまた話題のACEホテルの一階にはいっています。このホテルはアーティストが内装を飾っていることで一部屋一部屋がすごくカッコいいのです。

Portland, OR

ポートランドは夏の一時期を省くと基本雨が多い町です。前もって天気予報を確認にて訪れる事をオススメします。私達は真夏の晴れた時期を狙って行きました。

 

この町について一番に思うのは人々の優しさです。なんというか皆すごく優しいのです。道ばたのおじさんに道を聞くだけでも

このレストランに行きたいんだけど、どう行けば良いか分かります?

おお、そこはいい店だよ、その店に行ったらOOOをオーダーした方が良いよ、あとカクテルもオススメだねー」

といった具合で立ち話が始まります。そういう事はアメリカでは頻繁にあるのですが、この町の頻度は他の町と比になりません。素敵です。

 

次に、ポートランドはすぐ近くに自然が多く有ります。特に雨が多いので緑が生い茂ってます。車で20分も行くと滝に出会えますしイチゴ狩りにも行けちゃいます。

img_1576

 

炎天下で調子にのってイチゴ狩りを2時間以上楽しんで、後に頭がクラクラしてしまいましたが、採れたイチゴの美味しさで頭痛も忘れてしまいました。

 

 

 

 

 

今回、ポートランドを訪れた理由に、”彼女の靴を作る”と”私の革ジャンを作る”という二つのリストが有りました。

まずは彼女の方から。彼女の足のサイズが左右で若干違うので市販の靴がフィットしないという慢性的な悩みが有りました。大きな方の足のサイズに合わせて買うのですがどうしても他の足が痛くなっdp2m0064てしまうのです。そこでポートランドにある木こりのブーツ屋さん「ウエスコブーツ」にて採寸して作ってもらおうという事になりました。

ウエスコブーツは小さな工場で今でも全ての行程を自社工場で行っている”メイド イン アメリカ”なメーカーです。基本、在庫は持っておらず全ての靴がオーダーです。

彼女も早速採寸してもらってオーダーしました。折角dp2m0065なので私のブーツも作ってもらう事にしましたが

君の足は一般的な形だからどんな靴でも合うでしょ?」と言われて、

はい。でもオーダーする。」

という事で私も一応カスタムオーダーしました。

滞在中に時折やって来る地元の木こりのおじさんたちの履き潰したブーツを見て「カッコいいな〜」と思い楽しい時間を過ごしました。7週間後の完成が楽しみです。

 

次は私の革ジャンです。ポートランドの「ラングリッツレザー」という革ジャン屋さんは知る人ぞ知るバイカー革ジャン仕立て屋さんです。バイク乗りとしてここの革ジャンはどうしても欲しかったので早速向かいます。

ここも小さなお店で、所狭しと革ジャンが置いてあります。ラングリッツレザーもオーダーメイドオンリーで、採寸してのオーダーが基本です。早速私のサイズを手際よく採寸して頂いていたらお兄さんが

ん〜、君にピッタリのジャケットが今日出来上がって、今あるよ」との事。

じゃあ着てみても良い?

もちろん!

img_1586そして試着したらなんとピッタリ。本来なら数ヶ月待ちの革ジャンがなんとその場で買えてしまうというサプライズに大喜び!ということであっさりと購入出来てしまいました。ここでも店のお兄さんと記念撮影をパチリ。彼女が撮ったので斜めってます。

今回は自然旅というよりショッピング旅になってしまいましたがポートランドに行く時は是非、自然を一緒に楽しんで下さい。意外なほど近くに多くの自然が有りますのでレンタカーで散策してみるのも楽しいと思います。

 

 

 

後日、届いたブーツを履いて携帯で記念撮影。もちろん彼女が撮ったので変な黄色いフィルターがかかりました。ブーツの出来映えには「最高」の一言につきます。

img_1844

 

最後に、オレゴン州は消費税がありませんのでお買い物のし過ぎにご注意下さい。

Death Valley National Park デスバレー ナショナルパーク

Tea kettle junction. You must have a 4×4 car to get there. this junction is on the way to get “race truck”. About 2 hours off road drive.

カリフォルニア州、デスバレーナショナルパークの中でも最も訪れるのが難しい場所 ”レーストラック” 『岩が勝手に動いて溝ができている場所』に行く道です。

オフロードの道を2時間程走り続けるとこのトップ写真の場所 ”ティーケトルジャンクション”『ヤカン交差点』に着きます。ここまで来ると残りの道は20%程なので気が楽です。

初めrace truck, Death valleyて訪れた時はレンタカーのプリウスで来てしまって、運転が大変でした。今回は4輪駆動なので随分と楽に到着できました。たどり着いた先は一面の砂漠。とはいっても砂の砂漠ではなく乾いた大地です。前に来たときにはムービングロックが多く見られましたが今回はほとんど見つかりませんでした。

 

レーストラックは完全に無音状態でまるで”あの世”の様な場所です。

夏に訪れるのはお勧めしません。地球上で最も暑い場所の一つですので。前に7月にキャンプをしに訪れたときにパークレンジャーから「運良く寝れたら日の出と共に起きるよ!」と言われました。夏の夜でも40℃くらいになりますし、日が昇ると倒れそうなくらい暑いです。ですから冬の時期がベストシーズンなナショナルパークです。

それから、水、食べ物は忘れずに!もし途中で車が止まってしまっても助けの車が来るまで生き延びないといけませんのでね!もちろん携帯は通じません。

Ice cave in Iceland アイスランド 氷の洞窟

Sunny day in Ice land. January 2016.

2016年1月、前からどうしても行きたかったアイスランドに行く事になりました。

僕の彼女がフランスに半年程住んで居ましたがそのローーングバケーションを引き上げてサンフランシスコに帰ってくる事になりました。そこで、私の提案により「迎えに行くついでだからヨーロッパを旅しない?」って事でアイスランド、スペインを旅することにしました。スペインは友達に会いにマドリッド、美味しい物を食べにバルセロナ、パリはのんびり。んで自然を見にアイスランド!この提案が受理されて晴れてアイスランドに行く事に。

dsc_1388パリのシャルル・ド・ゴール空港からアイスランドのケフラビック空港に。着いてからはレンタカーで移動、気温は-12℃。無茶苦茶寒くはないです。ただ、冬に訪れましたので日照時間が4時間くらいしかありませんのでほとんど夜です。

写真好きにはたまらいのがこの日照時間です。というのも風景写真は日の出、日の入りの光の色が一番綺麗といわれています。4時間しか日照時間がない(日の出が11時、日没が15時)ので日中がずっと夕焼けの様な日差しなのです。もう何を撮っても美しい!という現象です。特に早起きが苦手な私には天国の様なロケーションです。

絶対に行きたかったアイスケイブ(氷の洞窟)は冬期限定でツアーのみで訪れる事が出来ます。集合場所もランダムで「ここのカフェに11時集合」みたいなツアーばっかりです。

適当なツアーを見つけて参加する事にしました。が、この待ち合わせのカフェが市内のホテルから車で3時間くらいの距離です。つまり朝8時にホテルを出発して暗闇の雪道を3時間走るという事です。

アイスランドに来て一番のお気に入りが”水”です。水道水がクリスタルガイザーよりも美味しくて、お湯をひねると源泉が出てきます。つまりホテルのバスタブにお湯をはるだけで”温泉”の出来上がり。

日本の水道水はアメリカより不味いですし、サンフランシスコの水も不味いです。でもアイスランドの水道水はもう最高に美味しいです。

iceland lakeとにかく早く寝て翌日はツアー、んで予定通り翌朝ホテルを出発したのですが、途中で見所がわんさかあるじゃないですか!走り始めて1時間もすると氷河に出会います。そこでちょっとだけ撮影したり、大雪原の横を走り抜けていけば次は凍った滝があったりと。もう絶景。

そんなこんなしてカフェに着いたのが朝11:10です。遅刻です。大慌てでツアーを探すと、「タカか?」とすぐに尋ねられて即参加。事なきをえましたが当然私達待ちでしたので一応ほかのツアー客に謝罪。ツアーバンの車内は白人ばっかだったので笑い飛ばしてくれました。

車内でヘルメットにスパイクを配られて、安全の確認。それからアイスケイブの説明。いよいよ絶景中の絶景に!ツアーのバンを止めて10分くらい雪の中を歩いて行くとそこには氷河。そうです。アイスケイブ(氷の洞窟)とは氷河の下なのです。冬の時期になると最高気温が氷点下を上回らないので溶ける心配が減りツアーができる様になるそうです。洞窟の一番奥まで行くとそこは青の世界。

 

dsc_1118

氷の洞窟に大満足してカフェに戻りそこで大惨事が。カフェに着いたときに遅刻で慌てすぎていた為、車のヘッドライトを点けっぱなしに、もちろんバッテリーがお亡くなりに。

がーーーん。。

すぐにその辺りに居る人に聞いて回りましたが誰もジャンプケーブル持ってない。それもそのはず、皆レンタカーですから。カフェの店員も持ってない。ツアーのドライバーも持ってない。外は雪、もうすぐ日没。もー最悪です。

1時間ほど色々な人に助けを求めていた結果、ある一人のアイスランド人のツアーガイドが「会社まで行ってジャンプケーブル取ってきてやるよ!」と天使の微笑みで言ってくれました。「ただし往復2時間なので気長に待ってて!!」と。もう、こうなったら彼を信じて待つだけです。私と彼女は写真撮影大会を開催して二人で景色をとってみたり、氷合戦(雪ではなく氷ばかりなので)をして手袋に穴が空いたりと、遊んで天使の帰りを待ちました。

img_19272時間と少し経ったところで「ブロロローーー」と静かになったカフェの駐車場に天使のツアーバンが帰ってきました。「サンキュウウウウウウ!!!」と心からのお礼を叫びました。彼は笑顔で私達のレンタカーのバッテリーを復活させて「じゃ、残りの旅を楽しんでんね!」と言って去って行きました。

この彼には後に日本に帰った時に助けて頂いたお礼として「あなたの心をいつまでも保温し続けて下さい」という手紙と日本製の水筒を送りました。