Road trip in U.S. 若かりし頃のバイク旅

28歳で渡米した私は、学校の休みを使ってはロードトリップに出かけてました。最初は多少の貯金もあった為、レンタカー(プリウス)をしてアリゾナ、ユタ辺りを中心に頻繁に出かけてました。そのうち賢くなってくると留学生を数人募って、レンタカー代やガソリン代を割り勘にして、安く1週間から2週間の旅に出かける様になりました。プリウスには大人4人が快適に乗れますので旅にピッタリでした。

ヨセミテ国立公園くらいですとサンフランシスコからでもすぐに行けるのですが、グランドキャニオンやモニュメントバレーなどになってくると数日ドライブしないとたどり着けません。しかし、何回も繰り返して訪れると流石に道を覚ええて飽き始めてきます。そして、後々私の人生のパートナーとなる女性と出会った頃から一緒にバイクで旅に出かける様になりました。

バイクの旅は車と違って、運転中に会話もできず、お菓子も食べれませんので1時間に一回くらいのペースで休憩をとります。

Gas stationにて

夏のアメリカは日差しも凄くて、一日運転して日に焼けるとグッタリと疲れます。それでも若かった私はひたすら遠くを目指して走り続けていました。そんな旅の記録写真が出てきましたので今回掲載してみます。

アリゾナのI-40の途中でガス欠になってハイウェイの脇で補給中。

当時の私は、KTMのLC4というバイクに乗っており、このバイクで駆け回ってました。今思うとガソリンタンクが小さくて荷物も積めずあまり旅向きではなかったのですが、値段が安かったのとキャブレターをFCRに変えており、アクセルがご機嫌だったので大好きでした。荷物はパニアーケースを買うお金もなかったのでペリカンケースを自作したキャリアーベースの上にボルトオンして、後部座席の背もたれになる様に使ってました。バイクの写真で後部座席の背中の辺りに赤い座布団が確認できると思います。この箱にコンロ、テント、調理器具等を詰め込んで彼女と二人でひたすら走りました。

とにかく暑いが日焼けも怖い

ユタとアリゾナの州境にはナショナルパークなどの見所が多数集まってまして、当時はパワースポットなる言葉も流通してませんでしたので、どこも比較的空いてました。

ちょうどユタとアリゾナのボーダー付近にあるザイオン国立公園でちょっと涼んでいるところです。

ザイオンナショナルパークにて

時期が合えばここは色々なトレイルがあって世界中から人がやってきます。

ザイオンで川遊び
油断するとこの日焼け

今では、アンテロープキャニオンもツアーでしか参加できないとの事ですが、前は入り口近くに掘っ建て小屋があり、そこにいるナバホ族の兄ちゃんにお金を渡して入るだけでした。あとはご自由にって事で。

アンテロープキャニオンにて

アンテロープキャニオンの景色はやはり絶景でして、初めて行った時に凄く感動したのを覚えています。時間帯によって差し込んでくる日光の角度が変わりますので、壁の色彩が変化し不思議な感覚になります。

アンテロープで追っかけっこ
記念撮影
モニュメントバレーにて

モニュメントバレーのビジターセンターも建て替わって綺麗になりましたね。写真は前の建物です。観光客も多くなく、落ちついてました。

モニュメントバレービジターセンター

たまたま近くの広場でナバホの日曜市があったのでランチをいただきました。塩気が薄くすごいナチュラルなフレーバーでした。

ナバホのフリマ

そしてお決まりのグランドキャニオン。ここは何度訪れたか分かりませんがいつ行っても同じ感想です。『スケールがデカすぎてよく分からん』

グランドキャニオン

帰りにはLAに寄って友達の家にお世話になりました。滞在中に連れて行ってもらったフリーマーケットで鹿の剥製を購入。というのも私の友達が私がサンフランシスコに帰り着く日にブティックをオープンさせるという事だったのでお祝いとして持って行きました。

LA のフリマにて

私と彼女と鹿を乗せて走ります。

積載中

お世話になったY君と記念に!

Y氏と

と、あまり写真も残っておらずこの程度でしたが旅の思い出としてアップさせていただきます。

Namibia #1 ナミビア No.1

ザンビアのリビングストンを後にして、予定通り長距離バスでナミビアの首都ウインドホークへと向かうことになりました。(ジンバブエはほぼ素通りしてしまいました。)

この移動の長距離バスが悪名高いことで有名です。16時間という長い移動に加えて初めの3時間くらいはもう揺れまくりで大変です。まるでモトクロスのコースでも走ってるのかっていう程揺れます。その揺れに加えて隣に座っていた巨漢のオバハンが魚の丸揚げを鷲掴みで食べ始めたので、その油の匂いも加わり危うく吐きそうになりました。

無事にウインドホークに着いてからすぐにレンタカーの手配をして翌日からナミビアのロードトリップに行ける様、準備を整えました。

というのも、ナミビアの旅ではテント泊が必須ですので寝袋、毛布、テント、クッキング用品等の準備が必要になって来ます。とりあえず準備をしていなかった我々はほとんど全ての物をウインドホークにあるチャイナタウンで済ませました。

今は6月ですが南半球にあるナミビアでは秋になりますのでテント泊の夜はかなり冷え込みます。よって毛布は必須です。私は最高級の毛布をチャイナタウンで購入したおかげで後に気持ちよく睡眠ができました。

と言うことで早速出発です。

DSC_9841

ナミビアの道は大変綺麗です。交通量も少なく、楽にロードトリップができます。道の途中、写真の様な屋根付きの休憩スポットがあるので昼食タイムです。

ガールズは頻繁に休憩が必要な様でして、なかなか思い通りに旅路が進みません。もちろん運転は私のみです。というのも複数運転者がいるとレンタカーの保険料が高くなってしまいます。(本当は彼女達に運転を任せるのはちょっと不安なので、、。)

予定では3人の旅だったのですが「もう一人乗れるから」とキーラが言い出して旅の仲間を集めて、気が付いたら4人になってました(しかももう一人は大柄のイスラエル人男性)。よって僕が予約した小型の4WDではご覧の通り荷物が乗り切らず車の屋根に縛り付ける始末です。トホホ、、、。

まず我々が目指したのがエトーシャナショナルパークです。自分の車で自由にサファリができるこの公園には様々な動物が生息しています。

DSC_9843

この公園の入り口の手前にいた木彫りの鳥を作って売っているお兄さん達です。あまりに素敵だったので一つ購入させていただきました。

公園のゲートが開いてるのは日の出から日没までです。それから公園のキャンプサイトは人気が高いので予約は必須です。我々は予約していなかったのでキャンセル待ちでどうにかステイできる様になってラッキーでしたが予約しているに越した事はありませんよね。

この国立公園は非常に整備されていて自然の動物にストレスを与えない様に観察できる設備が設けられてます。キャンプサイトの近くには動物の為の水飲み場があって夜な夜な色々な動物が水場へと訪れて来ます。

テントをはって寝床を準備したら早速動物観察に出発です。

まず水場にやって来たのはキリンの親子です。

DSC_9890

その後はゾウ。

DSC_9863

でもってサイ!

DSC_9906

次々と動物が水を飲みに来ます。

こんな素敵な光景を間近で見ることができてもう最高です。私は動物の写真はあまり撮った事がないので下手ですいません。

DSC_9882

キャンプサイトでの星空です。三脚がないので直置きでとりました。アフリカの星空は広大です。

DSC_9902

翌朝の日の出。キャンプサイトにて。

DSC_9946

公園内の運転はにが昇っている間のみ認められています。夜間は動物が活発になるので事故が多発する為に公園内の運転は禁止されているとのことでした。みなさん朝早くからサファリの準備をしています。我々も朝食を済ませて出発です。

キャンプサイトを後にしてすぐにインパラの群が横断です。もちろん動物優先です。

DSC_9975

次はキリンが横断です。

DSC_9982

気を遣ってくれたのか急ぎ足で横断して行ってくれました。

ふと横を見ると、

DSC_9995

すぐそこに居るのに全然気が付きませんでした。

また暫く走るとゼブラさん一家。

DSC_9964

続いて、ホロホロ鳥の一族。

DSC_9992

他にも沢山の動物を見ることができました。シカ類(オリックス、ワイルドビーストなど)は山程見る事ができましたが残念ながらライオンなどの猛獣には出会えませんでした。見れた方はラッキーですね!僕は大満足でした!

途中、キーラが「運転させて!」というのでちょっとだけ交代してさせたところ、そのワイルドさに皆、酔い始めたのですぐに私に交代しました。

次は少数民族の村に向かいます!