Ice cave in Iceland アイスランド 氷の洞窟

Sunny day in Ice land. January 2016.

2016年1月、前からどうしても行きたかったアイスランドに行く事になりました。

僕の彼女がフランスに半年程住んで居ましたがそのローーングバケーションを引き上げてサンフランシスコに帰ってくる事になりました。そこで、私の提案により「迎えに行くついでだからヨーロッパを旅しない?」って事でアイスランド、スペインを旅することにしました。スペインは友達に会いにマドリッド、美味しい物を食べにバルセロナ、パリはのんびり。んで自然を見にアイスランド!この提案が受理されて晴れてアイスランドに行く事に。

dsc_1388パリのシャルル・ド・ゴール空港からアイスランドのケフラビック空港に。着いてからはレンタカーで移動、気温は-12℃。無茶苦茶寒くはないです。ただ、冬に訪れましたので日照時間が4時間くらいしかありませんのでほとんど夜です。

写真好きにはたまらいのがこの日照時間です。というのも風景写真は日の出、日の入りの光の色が一番綺麗といわれています。4時間しか日照時間がない(日の出が11時、日没が15時)ので日中がずっと夕焼けの様な日差しなのです。もう何を撮っても美しい!という現象です。特に早起きが苦手な私には天国の様なロケーションです。

絶対に行きたかったアイスケイブ(氷の洞窟)は冬期限定でツアーのみで訪れる事が出来ます。集合場所もランダムで「ここのカフェに11時集合」みたいなツアーばっかりです。

適当なツアーを見つけて参加する事にしました。が、この待ち合わせのカフェが市内のホテルから車で3時間くらいの距離です。つまり朝8時にホテルを出発して暗闇の雪道を3時間走るという事です。

アイスランドに来て一番のお気に入りが”水”です。水道水がクリスタルガイザーよりも美味しくて、お湯をひねると源泉が出てきます。つまりホテルのバスタブにお湯をはるだけで”温泉”の出来上がり。

日本の水道水はアメリカより不味いですし、サンフランシスコの水も不味いです。でもアイスランドの水道水はもう最高に美味しいです。

iceland lakeとにかく早く寝て翌日はツアー、んで予定通り翌朝ホテルを出発したのですが、途中で見所がわんさかあるじゃないですか!走り始めて1時間もすると氷河に出会います。そこでちょっとだけ撮影したり、大雪原の横を走り抜けていけば次は凍った滝があったりと。もう絶景。

そんなこんなしてカフェに着いたのが朝11:10です。遅刻です。大慌てでツアーを探すと、「タカか?」とすぐに尋ねられて即参加。事なきをえましたが当然私達待ちでしたので一応ほかのツアー客に謝罪。ツアーバンの車内は白人ばっかだったので笑い飛ばしてくれました。

車内でヘルメットにスパイクを配られて、安全の確認。それからアイスケイブの説明。いよいよ絶景中の絶景に!ツアーのバンを止めて10分くらい雪の中を歩いて行くとそこには氷河。そうです。アイスケイブ(氷の洞窟)とは氷河の下なのです。冬の時期になると最高気温が氷点下を上回らないので溶ける心配が減りツアーができる様になるそうです。洞窟の一番奥まで行くとそこは青の世界。

 

dsc_1118

氷の洞窟に大満足してカフェに戻りそこで大惨事が。カフェに着いたときに遅刻で慌てすぎていた為、車のヘッドライトを点けっぱなしに、もちろんバッテリーがお亡くなりに。

がーーーん。。

すぐにその辺りに居る人に聞いて回りましたが誰もジャンプケーブル持ってない。それもそのはず、皆レンタカーですから。カフェの店員も持ってない。ツアーのドライバーも持ってない。外は雪、もうすぐ日没。もー最悪です。

1時間ほど色々な人に助けを求めていた結果、ある一人のアイスランド人のツアーガイドが「会社まで行ってジャンプケーブル取ってきてやるよ!」と天使の微笑みで言ってくれました。「ただし往復2時間なので気長に待ってて!!」と。もう、こうなったら彼を信じて待つだけです。私と彼女は写真撮影大会を開催して二人で景色をとってみたり、氷合戦(雪ではなく氷ばかりなので)をして手袋に穴が空いたりと、遊んで天使の帰りを待ちました。

img_19272時間と少し経ったところで「ブロロローーー」と静かになったカフェの駐車場に天使のツアーバンが帰ってきました。「サンキュウウウウウウ!!!」と心からのお礼を叫びました。彼は笑顔で私達のレンタカーのバッテリーを復活させて「じゃ、残りの旅を楽しんでんね!」と言って去って行きました。

この彼には後に日本に帰った時に助けて頂いたお礼として「あなたの心をいつまでも保温し続けて下さい」という手紙と日本製の水筒を送りました。

 

 

Thanksgiving day 2016

We had a very long summer in San francisco 2016. Finally winter came to our city since couple weeks ago. We have only 5 more weeks this year. This short trip might be the last in 2016.

Big sur sunset #1We went to Big Sur in California. It takes 3 to 4 hours from San francisco by a car. You can see beautiful land’s end view and wild nature around Big Sur. People love to go to Black Friday Sale after Thanksgiving day. We knew there is heavy traffic early morning on freeway. So we left my house afternoon. We had a lunch and gas stops on the way to get there so we made Big Sur right around sunset. It was very beautiful red sunset.

Big sur sunset #2

We started looking for camp sites after sunset. We checked couple National forest camp sites but there were all FULL!? Some of camp sites were even CLOSED. We decided to stop at private lodge for getting some local information.

 

 

At the front of lodge,

F: How can I help you?

I: We are planning to camp in this area but all camp sites were full, also many camp sites were even closed. Do you know why?

F: Yes, it’s because if huge fire.

I:FIRE?

F: We had huge fire last months therefore many place of National forests got damaged.

I:Whaaat!?

We don’t have a TV in my house so we only check news on laptop. There was no way I could get this information. Anyway, we have to find a place that we can camp tonight. We started to search private camp grounds and call and ask them if they have any available. Then my wife found one in mountain side. They only had 2 or 3 more available. We were very lucky. It was 8:30pm.

 

Outside was very dark when we got camp site. My wife started cooking dinner and I started open tent immediately. My wife’s outdoor cooking skill is miracle. She made Korean style bibimbap in 45 min.  We love Japanese and Asian food so she always cook rice even outdoor.

camp cookbibimbup #!We spend couple minutes in front of fire after dinner. Talking about 2017 summer vacation Alaska road trip plan.  Our quiet Thanksgiving night finished in California nature.

TOYOTA Pickup 4×4

1988 Toyota Pickup 22RE motor with CVT roof top tent. Not a very fast car therefore I don’t get a speeding ticket. Sometimes I battle with a SEMI truck on freeway especially when street is uphill. But speed is around 65mph. My wife prefer truck than motorcycle for road trip because she can bring a lot of cloths. She told me “I don’t want to eat at fancy restaurant with motorcycle jacket”.

日本では販売されていない北米仕様のトヨタトラックです。とにかく壊れないことで有名で、基本メンテのみで走行距離50万kmは軽く超えるエンジンです。レトロなカクカクデザインが気に入ってます。車旅はバイク旅とは違って沢山荷物を持っていけるので贅沢です。CVTルーフトップテントを装着。快適なアメリカ旅のパートナーです。

dsc_4940

Double Rainbow in Montana

I believe we were driving on I-15 in Montana heading to south. Double rainbow showed up in front of us after rain. We park our pickup truck and enjoy rainbow. It was the biggest rainbow I’ve ever seen.

アメリカのモンタナ州を南に走っていた時に、突然のスコールのあとに現れた二重の虹。あまりの美しさにしばし車をとめて眺めていました。アメリカの大地はやっぱり広いです。私の人生で一番大きな虹でした。

Yamaha TW200

I got this TW from my friend who gave up to fix her. This TW was all stock condition with full of dust in carb. It was pretty easy to became running condition but original TW wasn’t my style. I decided to cut frame and weld scrap steel. Print my ass to make a carbon fiver seat. At the end this bike became a MAD MAX style. Police pulled over me and said “Your bike is missing something”. But he didn’t give me a ticket.

Bee hiving 養蜂

img_0714

Urban bee hiving is one of my project.

I started bee hiving to stop my nose running allergy. My friend told me that local honey is great natural medicine for allergy because bees collects pollens from local flowers. But I couldn’t find any “local” products at local stores. There is many ‘California local’ or ‘Bay area local’ products, but California is even bigger than my home country Japan. I wanted to get honey from my neighbor.  Of course I don’t have any friends who have bee hives. So I started it.

Now I harvest a lot of honey every year and share with my neighbors.

So far bee hiving is win-win project.

アメリカに来て7年目にして花粉症になってしまいました。

あまり薬を飲みたくないので自然に改善する方法を模索していると友達が「ローカルの蜂蜜が効く」と。なんでも、私の鼻を刺激する花粉はローカルの花の花粉、ローカルの蜂が集めて作る蜂蜜はローカルの花粉。だからローカルの蜂蜜を食べて体に抗体を作るんや!ってな事を言われて地元のお店をウロウロしながら蜂蜜を探しました。

ところがどっこい、ローカルハニーなる商品は沢山有れどほとんどが「カリフォルニアローカル」「ベイエリアローカル」と言いつつサンフランシスコでとれている訳ではないのです。

カリフォルニアなんて日本より大きいですから「ローカル」と言えるのか?と思いつつ自分なりに調べた結果、やはり自分の家から近くにある蜂箱から採取された蜂蜜に効果があり!と結論づけました。こうなったらしょうがないので養蜂開始です。

bee hiving #2

まず、春に蜂を買いに行って友達の家の屋上を間借りして待つ事半年。出来ました、ローカルハニー。基本ほったらかしです。

まずはご近所さんに配って、それでも大量にあるので友達にもギフトしました。花粉症への効果は「効いてるかな〜。」程度ですが、自然なプロダクトを摂れているので気に入ってます。今後も続くプロジェクトです。

 

 

 

img_2140